Home > 照明器具・照明分野 > 商業施設照明 > ベースライト > レディオック LEDベースライト(LEDユニット一体形)

LEDioc LEDベースライト(LEDユニット一体形)

大幅な省エネ。シーンに合わせて組合せを選べる!

器具本体とライン形LEDユニットを組合せて使う、新スタイルのベースライト。スマートなデザイン、お手頃な価格、施工のしやすさが魅力です。

  • 店舗照明
  • オフィス照明
  • 共用部照明

特長

蛍光灯器具と比較して大幅に省エネ

193.9ℓm/W※1の「高効率タイプ」は、蛍光灯と比較して約60%※2省エネ。163.0ℓm/W※3の「一般タイプ」も約51%※4省エネでコストダウンを図れます。

  • ※1 逆富士形[230mm幅] 高効率タイプ5200ℓmタイプ昼白色タイプ(5000K相当)の場合
  • ※2 逆富士形[230mm幅] 高効率タイプ5200ℓmタイプ( ELV45202ENPNS9)と弊社従来蛍光灯器具(FHV32201EFN9)との比較
  • ※3 逆富士形[230mm幅] 一般タイプ5200ℓmタイプ昼白色タイプ(5000K相当)の場合
  • ※4 逆富士形[230mm幅] 一般タイプ5200ℓmタイプ( ELV45202DNPN9)と弊社従来蛍光灯器具(FHV32201EFN9)との比較

比較例

高効率タイプ

  • A従来蛍光灯(FHV32201EFN9+FHF32EX-N-H) 保守率:0.69
  • Bレディオック LEDベースライト(LEDユニット一体形) 高効率タイプ 逆富士形W230 5200ℓmタイプ(ELV45201ENPNS9) 保守率:0.81

平均照度

  • A 507ℓx
  • B 540ℓx

約1.1倍

消費電力※1

  • A 66W
  • B 26.3W

約60%省エネ

固有エネルギー消費効率

  • A 106.7ℓm/W
  • B 193.9ℓm/W

約1.8倍

比較条件:室空間20m×14m×天井高さ2.7m/反射率:天井50%、壁30%、床10%

一般タイプ

  • A従来蛍光灯(FHV32201EFN9+FHF32EX-N-H) 保守率:0.69
  • Bレディオック LEDベースライト(LEDユニット一体形) 一般タイプ 逆富士形W230 5200ℓmタイプ(ELV45201DNPN9) 保守率:0.81

平均照度

  • A 507ℓx
  • B 550ℓx

約1.1倍

消費電力※1

  • A 66W
  • B 31.9W

約51%省エネ

固有エネルギー消費効率

  • A 106.7ℓm/W
  • B 163.0ℓm/W

約1.5倍

比較条件:室空間20m×14m×天井高さ2.7m/反射率:天井50%、壁30%、床10%

トータルコスト比較

従来器具と比較して「一般タイプ」は約2.6年※5、「高効率タイプ」なら約3.5年※6でほぼ同等。

  • ※5 一般タイプ(5200ℓmタイプ)直付ELV45202DNPN9の場合。
  • ※6 高効率タイプ(5200ℓmタイプ)直付ELV45202ENPNS9の場合。

※弊社従来蛍光灯器具FHV32201EFN9とLEDioc LEDベース ライト(LEDユニット一体形)5200ℓmタイプ(一般タイプ: ELV45202DNPN9/高効率タイプ:ELV45202ENPNS9 )と の比較。電力料金単価25円/kWh(税抜)〔日本照明工業会 ガ イドA139 〕、年間点灯時間3000時間、従来蛍光灯器具の交換 費用(器具代・ランプ代)を含む。

器具本体とライン形LEDユニットの組合せで豊富なバリエーション

16種類の器具本体と3種類のライン形LEDユニット。シーンに合わせて組合せを選べます。

※一部組合せできない器具本体とライン形LEDユニットもあります。

優れた施工性

本体の電源端子台からの配線を直接電源ユニットに接続することができるダイレクトコネクタ接続。シンプルな構造で優れた施工性を実現しています。

※一部商品は除く。詳しくは「施工説明書・取扱説明書」をご確認ください。

施工手順

手順1

天井に本体器具を取り付け、電源線を端子台に差し込みます。

手順2

ライン形LEDユニットの引掛け金具を本体の角穴に片方ずつ引掛けた後、本体のコネクタをライン形LEDユニットの電源ユニットへ確実に接続します。その後、ライン形LEDユニットのキックバネを本体の受け金具に取り付けます。

手順3

カバーを閉じてください。
LEDioc LEDベースライト(LEDユニット一体形)はコネクタが引っかかりにくく作業がスムーズです。

手順4

完了

吊ボルトの収容空間を確保した薄形デザインの器具

電源ユニットとの干渉が起こらないよう、器具本体内部に吊ボルトが収まる空間を確保しています。

600・800ピッチのボルトに対応※1

600・800ピッチのボルトに対応。リニューアル時もスムーズに施工できます。

※1 起動方式PM9・PNS9の場合

薄さ50mmで、高さ約30%ダウン

従来蛍光灯逆富士形器具(FVU4215BSRS)と比較して器具高さ約30%ダウン。天井にすっきり納まります。

230mm幅で既設器具あとをかくす器具サイズもラインアップ※2

形式、製造年月日により、器具幅が異なります。幅200mm~230mmまでの直付形のリニューアルにおすすめです。

※2 逆富士形W230の場合

明るさを逃さない、ライン形LEDユニット形状と本体内部塗装

ライン形LEDユニット断面図

ライン形LEDユニット延出部が本体との隙間を覆う形状のため、ライン形LEDユニットから器具本体まで連続した光を演出します。また、器具本体内部にも白色塗装を施すことで内部に向かった光を外部に誘導。光源からの光のロスを低減させます。

ノイズレスデザインを実現する、キックバネ取付け

器具の表面にねじやラッチがない※3ので、すっきりしたシンプルなデザインに。

※3 直付形の場合のみ。

高拡散パネルと高反射シート※4の採用で、高効率で連続した光を実現

ライン形LEDユニット分解図

※4 高効率タイプのみ。

すみずみまで明るくむらのない発光

レディオック LEDベースライト(LEDユニット一体形)はライン形LEDユニットの両端までしっかりとむらなく発光。連結時の光源むらも少なく、きれいな光のラインを実現します。

カバー付HACCP対応形をラインアップ

食品工場や学校給食室をはじめとする、HACCPの考え方に基づいた衛生的な環境におすすめの照明器具です。

埃が付着しにくく拭き取りやすいクリーン設計

厳しい衛生管理が求められる場所では、帯電防止アクリルパネルを採用した埃が付着しにくい器具、拭き取りやすい形状に配慮した、HACCP向けレディオック LEDベースライトをおすすめします。

埃の侵入を低減する構造で異物混入に配慮

直付形の構造。パッキンで埃の侵入を防止、埃が付着しにくく、拭き取りやすい断面形状。

器具外周や器具背面にパッキンを施し、埃が入りにくい構造。光源メンテナンスの時も、天井からの埃の落下を低減しますので、衛生環境におすすめです。

飛散しにくい樹脂カバーで異物混入に配慮

耐衝撃性に優れたライトバーと器具カバーの2重構造

優れた耐衝撃性能をもつポリカーボネート製ライン形LEDユニットと帯電防止アクリルパネルを使用することによって、不慮の事故にも破片が飛散しにくい配慮をしています。天井からの異物混入対策にもおすすめです。

※レディオック LEDベースライト(LEDユニット一体形)の場合

蛍光灯器具のようにランプメンテナンス時に、蛍光ランプが破損したり、ガラス破片が飛散することはありません。

省メンテナンス

寿命(40000時間)の長いLED光源を採用することによって、従来蛍光灯器具より保守、メンテナンス作業が軽減できます。

清潔・準清潔作業エリアにおすすめします

下処理室

原材料の開梱、水洗、成形などの下処理が行われるため、衛生面に加え防湿性能も要求されます。

加熱調理室

調理工程では高いレベルの衛生管理が求められるとともに、調理過程での高湿度にも対応する器具がおすすめです。

包装仕分室

製品の包装・仕分けにも衛生管理に細心の注意を払う必要があります。

HACCPとは

  • Hazard Analysis Critical Control Point system (危害分析・重要管理点方式)
  • 原材料の生産から工場加工を経て私たちの手元に届くまでの間に発生する危害を調べ、その危害を防止するために、工程ごとの安全性を日常的に管理し、結果を記録する手法です。
  • 食料品の安全性・品質を確保するための有効な衛生管理手法として主流となりつつあります。

このページの先頭へ