情報ライブラリー

照明技術資料

照明の基礎知識

光色と演色性

蛍光ランプの光色と演色区分

関連資料
  • 蛍光ランプの光源色及び演色性による区分、JIS Z 9112、2004年

蛍光ランプの光源色は、XYZ表色系における色度によって、昼光色、昼白色、白色、温白色及び電球色の5種類に区分されます。それぞれの色範囲は、xy色度図上においてそれぞれ図2.2に示す四辺形となります。

図2.2の区分による平均演色評価数及び特殊演色評価数の最低値は、表2.5及び表2.6によります。


図2.2 xy色度図上における蛍光ランプの光源色の色度範囲

(参考文献 蛍光ランプの光源色及び演色性による区分、JIS Z 9112、2004年。)

表2.5 広帯域発光形蛍光ランプの演色評価数の最低値(注)

演色性の種類 光源色の種類 記号 演色評価数の最低値
Ra R9 R10 R11 R12 R13 R14 R15
普通形 昼光色 D 69 - - - - - - -
昼白色 N 67 - - - - - - -
白色 W 57 - - - - - - -
温白色 WW 54 - - - - - - -
電球色 L 50 - - - - - - -
演色A 昼白色 N-DL 75 - - - - - - 65
電球色 L-DL 65 - - - - - - 50
演色AA 昼光色 D-SDL 88 76 - - - - - 88
昼白色 N-SDL 86 72 - - - - - 86
白色 W-SDL 84 68 - - - - - 84
温白色 WW-SDL 82 64 - - - - - 82
演色AAA 昼光色 D-EDL 95 88 88 93 88 93 93 93
昼白色 N-EDL 95 88 88 93 88 93 93 93
電球色 L-EDL 90 80 78 85 78 85 90 88

(参考文献 蛍光ランプの光源色及び演色性による区分、JIS Z 9112、2004年。)

表2.6 狭帯域発光形蛍光ランプの演色評価数および3波長域放射束比の最低値(注)

演色性の種類 光源色の種類 記号 演色評価数の最低値及び3波長域放射束比の最低値
Ra R15 rt
3波長域発光形 昼光色 EX-D , ED 80 85 50
昼白色 EX-N , EN
白色 EX-W , EW
温白色 EX-WW , EWW
電球色 EX-L , EL

(参考文献 蛍光ランプの光源色及び演色性による区分、JIS Z 9112、2004年。)

  • ※注:表2.5及び表2.6の値は、JIS C 7601による大きさの区分20〜40(W)の直管形の蛍光ランプに適用します。ただし、これ以外の大きさの区分の直管形および環形の蛍光ランプ並びにコンパクト蛍光ランプについても、原則としてこの表の値を準用します。

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ