ライティング講座(照明講座)

照明の基礎知識

光色と演色性 - 演色性

関連資料

  • JIS Z 8726:光源の演色性評価方法(1990)
  • CIE13.3 :Method of Measuring and pecifying Colour Rendering Properties of Light Sources(1995)

光源の演色性の評価の概念と手順の概要を示します。(図2.1)(表2.2)(表2.3)

  • 評価しようとする光源(試料光)と同じ色温度の基準光を選定する
    完全放射体(黒体放射):5,000(K)未満
    CIE(国際照明委員会)合成昼光:(5,000(K)以上、4,600(K)以上の昼白色蛍光ランプ)
  • 試料光と基準光による試験色No.1〜No.15の色空間上の位置を求める
  • 試料光と基準光の色空間上の距離(ΔE)を求める
  • 特殊演色評価数:Ri=100-4.6・ΔE(i=1〜15)
  • 平均演色評価数:Ra=(R1+R2+ … +R8)/8

図2.1 色空間上の色差と演色評価の概念図

表2.2 平均演色評価数を求めるための試験色
試験色 色名 マンセル記号
No.1 暗い灰色 7.5R6/4
No.2 暗い黄 5Y6/4
No.3 ふかみの黄緑 5GY6/8
No.4 黄みの緑 2.5G6/6
No.5 うすい青緑 10BG6/4
No.6 うすい青 5PB6/8
No.7 うすい紫 2.5P6/8
No.8 赤みの紫 10P6/8
表2.3 特殊演色評価数を求めるための試験色
試験色 色名 マンセル記号
No.9 4.5R4/13
No.10 5Y8/10
No.11 4.5G5/8
No.12 3PB3/11
No.13 西洋人の女性の肌色 5YR8/4
No.14 木の葉の緑 5GY4/4
No.15※ 日本人女性の肌色 1YR6/4
  • (参考文献 図2.1・表2.2・表2.3:CIE13.3 :Method of Measuring and pecifying Colour Rendering Properties of Light Sources(1995)、JIS Z 8726:光源の演色性評価方法(1990) ※No15は、JISのみ)

(2020年11月19日入稿)

このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ