Home > 会社情報 > 企業情報 > 社長挨拶

社長挨拶

光の持つ潜在力を極め、最先端の光技術を駆使する

代表取締役社長 伊藤義剛

岩崎電気グループは「光テクノロジーを通して豊かな社会と環境を創造する」を企業理念に、常に高いビジョンを設定し、先見性と想像力によって着実に目標を達成することに努力してまいりました。
1944年の創業以来、わが国初の反射形白熱ランプ開発から、数々の光源や機器を他に先駆けて自社で開発、製造、販売することで社会に貢献していくことを事業の基軸としています。
これからも、光の持つ潜在力を極め、最先端の光技術を駆使して、省エネルギー推進による環境負荷の低減と社会の安全・安心に貢献する「光・環境カンパニー」への飛躍を目指します。

現在、岩崎電気は、『照明事業』と『光・環境事業』の2つを柱として展開しています。
『照明事業』は、施設照明、産業照明分野で「あかり」の質の向上にこだわり、市場のニーズに対応した付加価値の高い商品開発と、周辺事業・サービスを含めたトータルソリューションビジネスを展開してまいります。
さらに、製造・販売のグローバル化を推進しながら、「演出、制御」といったニーズにも対応した事業展開を行ってまいります。

『光・環境事業』は、今までの光源開発で培った光技術を駆使し、電子線や紫外線などのさまざまな「ひかり」の技術を応用し、殺菌関連分野、環境試験関連分野、UV/EBキュア関連分野で事業を展開してまいります。
さらに、周辺技術との結合により新たなアプリケーション開発や事業フィールドの拡大事業を推進してまいります。
これら2つの事業を進化させるとともに、新しい事にチャレンジしながら新たな付加価値を求めてグローバルな事業を創造し続ける事が私たちの使命であると考えております。

今後とも岩崎電気は、刻々と変化する経営環境の中、常にお客様の声に耳を傾けながら、新商品の開発、信頼される製品や質の高いサービスの提供につとめてまいります。
そして、ステークホルダーの皆様や社会から必要とされ愛される会社、社員が誇れる会社であり続けるよう、「あかり」と「ひかり」の技術を通して企業価値の向上を目指してまいります。

このページの先頭へ