Home > お問合せ・カタログ請求 > よくあるご質問(FAQ) > 商品とサービス > 照明器具 > 非常用照明器具や誘導灯に内蔵している蓄電池(バッテリ)の寿命はどのくらいですか

よくあるご質問(FAQ)

2016年8月15日

非常用照明器具や誘導灯に内蔵している蓄電池(バッテリ)の寿命はどのくらいですか

蓄電池(バッテリ)の寿命は、一般的な使用状態(定格電圧・常温・常湿)で4~6年を目安としています。定期的な検査で確実に非常点灯することを確認し、点灯時間が非常用照明器具で30分以下、誘導灯で20分以下(長時間定格形は60分以下)となった場合及び緑の充電モニタが点滅している場合には交換してください。また、器具本体は8~10年での交換が目安となります。蓄電池が寿命の場合は、器具本体の劣化も進行しておりますので早目の点検や交換をおすすめします。誘導灯の場合は認定マークの色で生産時期の目安が判ります。詳しくは一般社団法人 日本照明工業会「防災照明器具リニューアル(誘導灯・非常灯の点検・交換)」をご覧ください。

照明器具に関するよくあるご質問


このページの先頭へ