Home > お問合せ・カタログ請求 > よくあるご質問(FAQ) > 商品とサービス > 照明器具 > 光電式自動点滅器の構造でバイメタルリレー式と電子式の違いはなんですか

よくあるご質問(FAQ)

2016年8月21日

光電式自動点滅器の構造でバイメタルリレー式と電子式の違いはなんですか

バイメタルリレー式は、バイメタルリレーにより機械的に接点を開閉します。電子式は、半導体スイッチにより開閉します。
バイメタルリレー式では、消灯中(昼間)にバイメタルリレーが電力を消費します。電子式は、少ないものの昼夜共電力を消費します。また、バイメタルリレー式は、ヒーターでバイメタルリレーを加熱するため絶縁物の劣化が進み、電子式より寿命が短くなります。使用環境や雷サージによっても異なりますが、交換の目安は、一般的な使用条件でバイメタルリレー式は4~5年、電子式で8~10年です。

接点方式又は種類 交換の目安
(一般使用場所)
動作照度 周囲温度と動作照度 価格
バイメタルリレー式 4~5年 バラツキ大きい 変化大きい 安価
電子式(半導体スイッチ式) 8~10年 バラツキ小さい 変化小さい やや高価
電子式(電磁リレー式) 8~10年 バラツキ小さい 変化小さい 高価
受台(ソケット) 15年 - - -

照明器具に関するよくあるご質問


このページの先頭へ