情報ライブラリー

Webセミナー

電子線滅菌

15.セルフシールドEB装置の安全性

当社のEB照射装置はセルフシールドになっており、小スペースでX線を遮断します。
表11に日本の自然放射線と各種線源による被爆量の比較表を、図10に当社のEB装置”ニューラボ機(EC250/15/180L)”のX線測定マップを示します。これより、当社の装置はたいへん安全性が高いことがおわかりいただけるでしょう。


表11 日本の自然放射線と各種線源による被爆量の比較2)
 被爆量備考
全身戸外東北地方470〜750(µSV/年)
放射線医学総合研究所
日本原子力研究所
などの調査
関東地方530〜800
神戸(六甲山)910〜1230
中国地方840〜1220
屋内木造屋内東京300
千葉390
京都960
コンクリート建物内東京520
千葉570
京都930
原子力発電所日本原子力発電(株)
敦賀発電所35.7万kW
(敷地境界の地点)
7µSV/年昭和50年3月〜10月実施
活性炭式希ガスホールドアップ装置の設置後
局部夜光時計(比較的強いもの)10000〜30000
µSV/年
6000時間として計算
X線写真撮影胸部間接撮影(レンズ)100〜1000(µSV/回)
胃のスポット撮影1枚あたり4000程度
カラーテレビ(装置より5cmの位置)5µSV/h以下電気用品取締法

[ 引用 ] 2) 日本原子力文化振興財団:わかりやすい原子力、P.78(1978)三美


図10 X線測定マップ


また、ESIの納入先ユーザー及びESI作業員の被爆当量の測定値を示しました。これはユーゴスラビアの国際会議(S57.10月)で発表されたものです。これによると一人当たりの年間被爆当量はわずか平均163µSVであり、これは表11からも分かるように自然放射線程度で、安全性の高いことがさらにおわかりいただけると思います。

  • ※ESI:Energy Sciences Inc. EB装置の製造を行う当社のグループ会社

表12 産業用エレクトロカーテン設備における作業員のフィルム・バッジの記録
事例   従業員番号 就業年 人×年 受被線量 年平均受被線量
1 製造(木材製品) 14 1979 30.1 2160(µSV) 72(µSV)
2 製造(織物) 31 1976 64.0 15500 242
3 パイロット研究所(試行) 7 1979 12.3 670 54
4 製造(コンバーティング) 6/4 1978/79 13.0/12.5 2190/1430 168/114
5 研究所(開発) 11 1980 22.9 0 0
6 研究所(コーティング) 5 1973 27.0 0 0
7 パイロット研究所 10 1979 27.0 3530 131
8 パイロット/製造 8 1978 32.0 200 16
9 製造試験と開発 97 1970 291.0 60840 209
  蓄積データ     531.8 86520 163

PAGE TOP

電子線滅菌

電子線滅菌

このページの先頭へ