Home > ニュース > ニュースリリース > 2017 > 製品の寿命見極めを正確に短期間で試験する「アイ スーパーキセノンテスター」をリニューアル

製品の寿命見極めを正確に短期間で試験する
「アイ スーパーキセノンテスター」をリニューアル

2017年9月12日

「アイ スーパーキセノンテスター」(XER-W83)
「アイ スーパーキセノンテスター」(XER-W83)

岩崎電気株式会社は、屋外環境を人工的に再現し、製品や材料の寿命を予測する、キセノンランプ方式の耐候性試験機「アイ スーパーキセノンテスター」をリニューアルします。

紫外線の積極的な照射による驚異的な促進性を持つ超促進耐候性試験機「アイ スーパーUVテスター」でトップシェアを誇る岩崎電気は、新たに太陽光に近似した特性を利用し多くの規格試験に対応する、耐候性試験機「アイ スーパーキセノンテスター」(XER-W83、XER-W81)を開発。2018年1月より発売、市場拡大を狙います。

耐候性とは、製品や材料を屋外で使用する際の耐久性。建築物の外装や、屋外の塗装、自動車など、屋外で使用される製品は、太陽光や、風雨にさらされるうちに色あせやひび割れなどの変質や劣化が起こります。

最近では、材料の品質が向上し、長期間にわたって目に付く劣化が発生しないようになりましたが、こうした高品質な材料を一定期間内に開発するには、使用する気候条件等を人工的に促進させて確認する耐候性試験が不可欠になります。

「アイ スーパーキセノンテスター」は、太陽光・温度・湿度・降雨などの屋内外の気候条件を人工的に再現し、設定した負荷によって劣化を促進させ、短期間で製品・材料の寿命を予測するためのキセノンランプ方式の耐候性試験機です。
JIS大気暴露試験と比較し、約7~8分の1の時間で安定した条件の試験ができます。(使用条件によって異なります)

一般的に耐候性試験機は、キセノンランプ方式とカーボンアーク方式があり、日本ではカーボンアーク方式(紫外線カーボンアーク灯方式、サンシャインカーボンアーク灯方式)が主流で、現在でも多く使用されています。
しかし、海外との取引がある企業(業界)では、海外で主流であるキセノンランプ方式の試験を行う必要があります。
JIS規格でのキセノンランプ方式の採用が増え、ISOではキセノンランプ方式が主流であるため、日本国内での耐候性試験機もキセノンランプ方式への移行が進んでいます。

キセノンランプ方式は、太陽光に近似した分光スペクトルを有する光源「キセノンランプ」が、自然の屋外暴露試験との高い相関性を得るとし、ISOをはじめJISやASTMなどの国内・国外の規格において標準的な耐候性試験機となっています。

岩崎電気の「アイ スーパーキセノンテスター」は、自然光に近似した分光スペクトルを持つキセノンランプを搭載。
分光スペクトルはJISの代表的な規格に対応し、高い相関性に加え、温度、湿度を自在にコントロールし、幅広い試験条件に対応するワールドワイドな仕様となっております。
また、外気を導入せずに試験環境(温度、湿度など)をコントロールするので、設置環境の温度や湿度に影響なく、安定した促進試験を実施することができます。

「XER-W83」は、ISO、JIS、ASTMをはじめとする60を超える規格試験に対応するワールドワイドモデル。
「XER-W81」は、標準機能を持つスタンダードモデルです。すべて受注生産品。販売目標は初年度30台。

「アイ スーパーキセノンテスター」の主な特長

試験方法規格に対応

光源は自然光に近似したキセノンランプを搭載。

分光放射スペクトルはJIS C 8912(クラスA)、JIS K 5600-7‐7(デイライト)、JIS K 7350-2(デイライト)に対応しています。

JIS K 5600-7-7塗料一般試験方法=促進耐候性(キセノンランプ法)に対応します。

また、オプションの採用でJASOの高照度試験にも対応が可能です。

優れた相関性

キセノンランプとフィルターにより、太陽光の分光スペクトルに近い条件で試験ができます。

また、水シャワーや暗黒サイクルにより屋外暴露との相関性を向上させています。

外気の影響を受けない

外気を導入せずに、試験環境(温度、湿度など)を制御するので、設置環境に影響を受けずに安定した促進試験が可能です。

高い再現性

全試料に対し、常に均一な量の紫外線を照射するので、再現性の高い促進試験ができます。

操作·監視が容易

タッチパネルの採用により簡単に条件設定ができ、試験能率が向上。

また、トラブルの発生時は、トラブルシュートによって、発見と対応も容易です。

メンテナンスが容易

各部にメンテナンスが容易にできる設計をしています。

「アイ スーパーキセノンテスター」の主な仕様

  XER-W83 XER-W81
試験項目 照射、照射+表シャワー、照射+裏シャワー、照射+表裏シャワー、暗黒、暗黒+表シャワー、暗黒+裏シャワー、暗黒+表裏シャワー 照射、照射+表面シャワー、暗黒
シャワー 表シャワー、裏シャワー 表シャワー
温度制御 照射時 BPT:40~110℃ BST:40~120℃(オプション) BPT:63~83℃±2℃(放射照度による)
暗黒時 槽内温度:25~95℃ 槽内温度38℃±2℃
湿度制御範囲 照射時 10~75% 30~60%±5%(BPT 63℃, 60W/m²)
暗黒時 95%±5% 95%±5%
結露時 暗黒+裏シャワー 無し
同時制御 BPT 89℃時に槽内65℃制御
BPT 63℃時に槽内38℃制御
BPT 63℃時に槽内38℃制御
ランプ 7.5kWキセノンアークランプ(1灯) 7.5kWキセノンアークランプ(1灯)
試料面放射照度(標準照度) 20~70W/m²(@300-400nm) 20~70W/m²(@300-400nm)
試料面放射照度(強照度) 60~180W/m²(@300-400nm) 無し
光学フィルター インナー:石英ガラス アウター:硼珪酸ガラス インナー:石英ガラス アウター:硼珪酸ガラス
回転ドラム回転数 1, 2, 3, 6, 12rpm 1rpm
試料枚数 標準照度:70mm×150mm×108枚
強照度:70mm×150mm×54枚
70 mm×150mm×108枚
試料厚み 1~10mm 1~10mm
照度モニター 標準1個オプションにて3個まで取付け可 標準1個オプションにて2個まで取付け可
データ記録 USBメモリー USBメモリー
本体サイズ 幅1400mm×奥行1600mm×高さ1850mm 幅1400mm×奥行1600mm×高さ1850mm
設置環境条件 周囲温度:5~35℃
相対湿度:40~90%RH(結露無きこと)
周囲温度:5~35℃
相対湿度:40~90%RH(結露無きこと)
  • *BPT:ブラックパネル温度計
  • *BST:ブラックスタンダード温度計

主な対応規格

標準仕様もしくはオプションを追加使用することにより、塗料関係、プラスチック関係、繊維関係、自動車関係そのほかの規格試験(JIS、ISOなど)に対応できます。

参考対応規格

塗料関係

JIS K 5600-7-7(ISO 11341)、ISO 787/15、ASTM D 4303

プラスチック関係

JIS K 7350-2(ISO 4892-2)、ASTM D 2565、ASTM D 4459、ASTM D 5071

繊維関係

JIS L 0843、ISO 105B-02、AATCC 169、ASTM D 4355

自動車関係

ASO M 346、JASO M 351、ISO 3917

その他

JIS B 7754、ISO 4665-3、ASTM C 732、ASTM D 4434、ASTM D 4637、ASTM G 26など

ニュースリリースに掲載されている内容(サービスの内容、商品の価格や仕様など)は、発表日現在の情報です。ご覧になった時点では内容が変更されている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ