Home > 納入事例 > トンネル照明 > 九州道 肥後トンネル(上り)

納入事例

トンネル照明

九州道 肥後トンネル(上り)熊本県球磨郡山江村

運転中の単調感を排する長大トンネルのアクセント照明

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • トンネル照明の光源は高効率、長寿命を特長とするFECサンルクスエース110W。

施設概要

施主
日本道路公団九州支社

竣工

1999年3月

肥後トンネルは、九州自動車道の人吉~八代間に位置し、長さが6,340mという九州地区最大の長大トンネルです。以前は対向交互通行であったものが1999年3月に複線化され、上り・下りの一方通行となりました。

トンネル照明については、特に長大トンネルであることから、走行中のドライバーに発生しうる単調感を取り除くため、トンネル内に「ホワイトホール」を設置しています。これは、基本トンネル照明として高圧ナトリウムランプ(FECサンルクスエース110W)を光源とする照明器具を配し、全体にオレンジ系の光が連続する中、白い光色の区間を設置することで、走行中のドライバーの視環境にアクセントを与えることを目的とした空間です。

効果的なアクセント照明を加えることで、トンネル内を安全かつ快適に走行できる視環境づくりを図りました。

主な納入器具

  • トンネル照明器具

    (FECサンルクスエース110W) - 353台

  • アイ マルチビーム70W - 28台 ほか

このページの先頭へ