Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 体育館 > 福岡県立スポーツ科学情報センター(アクシオン福岡) メインアリーナ

納入事例

スポーツ施設照明 体育館

福岡県立スポーツ科学情報センター(アクシオン福岡) メインアリーナ福岡県福岡市博多区

福岡県の体育・スポーツ振興の中核的役割を果たす施設内のメインアリーナを最新の照明で照らし出す

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 多様な競技に使用されているメインアリーナを「レディオック ハイベイ ガンマ(420W)」と「レディオック フラッド デュエル 560Wタイプ」で照らし、全点灯時の設計照度1500ℓx以上を確保している。

施設概要

施主
福岡県
電気工事
健和電気(株)

竣工

2018年1月

福岡県立スポーツ科学情報センター(アクシオン福岡)は、1990年に福岡県で開催された「とびうめ国体」を記念して建設された総合スポーツ施設です。生涯スポーツの普及振興と競技力の維持向上を図り、指導者養成及びスポーツ情報サービス、健康・体力相談等の機能を目的とした県体育・スポーツ振興の中核的施設として位置づけられています。敷地面積22,900m²、延床面積23,656m²という規模を持つ施設は3階建てで、2階には広さ1,794m²(46m×39m)で2,000席の観客席を備えたメインアリーナがあります。バスケットボールやバレーボール等の公式戦にも対応し、最近は高校バスケット界で注目されているウインターカップ福岡県大会決勝(テレビ放送)も行われました。施設内には、多様なスポーツに対応するサブアリーナ、多目的アリーナ、トレーニング室、宿泊室等、充実した施設を完備しています。

福岡県では、2018年1月にメインアリーナの天井改修工事の一環として、照明設備のLED化を実施しました。天井照明は、既設1kWメタルハライドランプ×4灯用HID高天井照明器具に替えて、高演色形LED高天井照明器具「レディオック ハイベイ ガンマ(420W)」に改修し、サイド照明については、既設1kWメタルハライドランプの投光器から高演色形LED高天井照明器具「レディオック フラッド デュエル 560Wタイプ」に改修して、テレビ撮影に必要な鉛直面照度を確保しつつ、約57%と大幅な消費電力の削減を実現しました。

また、照度は競技のエリア区分により、最低でも同等以上、平均で10%以上の明るさが向上しています。Ra80と高い演色性も兼ね備え、8Kテレビ放映時代を見据えた最新の照明設計でメインアリーナを快適に照らし、省エネと高品質な光環境を両立させています。

このページの先頭へ