Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 グラウンド > 下妻市立下妻中学校 グラウンド

納入事例

スポーツ施設照明 グラウンド

下妻市立下妻中学校 グラウンド茨城県下妻市

場所に応じて適切なLED照明器具を選択し、安全性に留意したスポーツ環境を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 広角配光の「レディオック フラッド デュエル 560Wタイプ」で野球場を照らし、夕暮れ時も内野練習ができる明るさを確保している。

施設概要

施主
下妻市
設計・監理
(株)三上建築事務所
電気工事
駐車場・テニスコート:熊倉電気(株)
駐輪場:三光電工(株)
グラウンド(1工区):大島電気(株)
グラウンド(2工区):(有)近藤電設

竣工

2020年3月

お客さまの声:(株)三上建築事務所 取締役 設備設計室 室長/松本 敬一郎様

茨城県下妻市の中心に位置する下妻中学校は、周辺を広大な「砂沼広域公園」に囲まれて砂沼に隣接し、のびのびと充実した学校生活が送れる環境が整っている中学校です。

下妻中学校では2015年から老朽化した旧校舎の改築工事を計画し、グラウンドに開放した3階建ての新校舎を開校しました。それに伴いグラウンド整備も行い、新たにグラウンド、野球場の照明灯やテニスコートの補助照明灯整備を実施しました。これまで野球場には照明灯が数台設置されていましたが、グラウンド・テニスコートにはなかったため、新たに照明灯を設置することで、夕暮れ時の練習や球拾いなど、さまざまな部活動における安全性の向上を図りました。体育授業やサッカー、陸上競技などに使用しているグラウンド、そして野球場・ソフトボール場には、高出力形LED投光器「レディオック フラッド デュエル 560Wタイプ」をトータルで20台設置し、約129m×86mの広さを持つグラウンドと約110m×87mの広さを持つ野球場・ソフトボール場を効率良く照らしています。照明灯の設置にあたっては、校舎に眩しさが映り込まないよう十分に配慮して設置場所、配光角度などを検討しました。

また、テニスコート及び隣接する野球のピッチング練習場には、屋外テニスコート専用LED照明器具「レディオック テニスター 500Wタイプ」を6台設置し、光害を抑制しつつ空間をむらなく照らしています。今回は中学生の部活動に使用するため、過度な照明設備ではなく最適な照度を模索した上で、場所に応じて適切な照明器具を選択し、環境に配慮した良好な照明環境をつくることが出来たと考えています。

主な納入器具

このページの先頭へ