納入事例

建築外構・景観演出 ライトアップ

アクアワールド茨城県大洗水族館茨城県東茨城郡大洗町

LEDの特性をいかした照明プランで日本トップクラスの規模を誇る水族館の魅力をより効果的に演出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 約20,000匹のイワシたちが光とBGMに合わせて群れ泳ぐ大迫力のパフォーマンスを繰り広げる「出会いの海の大水槽」を舞台にしたプログラム「IWASHI LIFE」。フルカラーLED投光器「レディオック フラッド フルカラー 160Wタイプ」とDMX制御を組合せて多彩な演出を行っている。

  • 総水量1,300tとアクアワールド・大洗最大の「出会いの海の大水槽」では、地元・大洗の魚たちに出会うことができる。

  • 「出会いの海の大水槽」のプログラム「IWASHI LIFE」。魚たちの躍動感溢れる姿を演出する光はフルカラーLED投光器「レディオック フラッド フルカラー 160Wタイプ」。

  • オーロラのような繊細な色が重なり合う多彩なライティングで迫力のあるパフォーマンスを楽しめる。

  • 「出会いの海の大水槽」上部に設置されているフルカラーLED投光器「レディオック フラッド フルカラー 160Wタイプ」。

  • フルカラーDMX制御盤設置状況。

  • 悠久の海ゾーン内の水槽「きらめく珊瑚礁の魚たち」。LED投光器「レディオック フラッド ネオ 60クラス 高演色タイプ」とフルカラーLED投光器「レディオック フラッド フルカラー 120Wタイプ」で、自然環境をより近く再現した、光り輝くきらめきの世界を演出している。

  • 「きらめく珊瑚礁の魚たち」水槽上部のLED投光器「レディオック フラッド ネオ 60クラス高演色タイプ」及びフルカラーLED投光器「レディオック フラッド フルカラー 120Wタイプ」設置状況。

  • 日本最大の専用水槽でのんびりと泳ぐ姿を間近で見ることができる悠久の海ゾーンの「マンボウ」水槽。水槽を照らす光は、調光可能としたLED投光器「レディオック フラッド ネオ 80クラス」。

  • 国内で最も多くの種類のサメを展示している水族館ならではの迫力ある姿を楽しめる「サメの海」水槽。調光可能としたLED投光器「レディオック フラッド ネオ 80クラス」でしなやかに泳ぐサメの姿を鮮明に見せている。

  • 「深海のサメ」水槽の照明は調光可能としたLED投光器「美vid レディオック フラッド ネオ 60クラス」。

  • 頭上にマッコウクジラやウバザメの標本が浮かぶ学びの海ゾーン。フルカラーLED投光器「レディオック フラッド フルカラー」で海の中をイメージした青色の世界など、多彩な演出を可能にしている。

  • つながる水辺ゾーンの開放的なアトリウムの天井から、Ra95と演色性の高いLED投光器「美vid レディオック フラッド ネオ 80クラス」を設置し、自然に近い見え方を実現している。

  • エントランスから館内へ進むとマイワシの大群が泳ぐ「大洗の生物」水槽が迎えてくれる。水槽を照らす光はLED投光器「レディオック フラッド ネオ 80クラス」。

  • 満潮時と干潮時を再現した「おもしろ生物No.10」水槽を照らすLED投光器「レディオック フラッド ネオ」の高演色タイプ。

  • 砂の中に暮らすチンアナゴを見ることができる悠久の海ゾーンの「珊瑚礁の砂地」水槽を照らす光はLED投光器「レディオック フラッド ネオ 40クラス」。

  • バックヤードにはベース照明として防水形LEDラインユニット照明器具「レディオック マルチライン」が設置されている。

  • エントランス付近昼景。

施設概要

施主
茨城県
施工
センター電機(株)
実施
2023年3月

アクアワールド茨城県大洗水族館は、太平洋にのぞむ茨城県大洗町に位置する、日本でもトップクラスの規模を誇る大型水族館です。シンボルにもなっているサメの飼育種数は日本一、国内最大のマンボウ専用水槽など、大小60の水槽に暮らす約580種、68,000点の生き物たちに出会うことができる水族館として、広く親しまれています。

同水族館では、2023年3月、水槽及びバックヤード照明をLED化する工事を実施し、大幅な省エネとフルカラーLED投光器を使用した多彩な演出を可能にしました。出会いの海ゾーンにある「出会いの海の大水槽」は総水量1,300tと同水族館最大の大水槽です。この水槽を舞台に行われているプログラム「IWASHI LIFE」は、約20,000匹のイワシたちが光とBGMに合わせて群れ泳ぐ大迫力のパフォーマンスで、今回、プログラムのバージョンアップに合わせて水槽上の照明機器を一新し、フルカラーLED投光器「レディオック フラッド フルカラー」とDMXコントローラをご採用いただきました。多彩な発光パターンを組合せて水中にオーロラのような繊細な色合いを表現し、音楽に合わせた緻密な演出をお楽しみいただいています。また、悠久の海ゾーン内の「きらめく珊瑚礁の魚たち」は、2023年7月、約40種3,000匹のカラフルな魚たちが暮らす水槽へとパワーアップしました。同水槽には、高演色タイプとしたLED投光器「レディオック フラッド ネオ」及び演出用の「レディオック フラッド フルカラー」をご採用いただき、色とりどりの魚たちがきらきらと輝きながら群泳する姿を、より自然に近い状態で鑑賞いただくことができるようになりました。

茨城の川の自然を再現したつながる水辺ゾーンの開放的なアトリウムでは、天井にRa95高演色のLED投光器「美vid レディオック フラッド ネオ 80クラス」を設置して、より自然に近い見え方を実現しています。場所に応じた適切な照明プランニングを行い、ほぼ全ての水槽とバックヤード照明をLED化したことにより、消費電力の大幅削減を実現するとともに、水族館の魅力をより効果的に演出しています。

主な納入器具