Home > 納入事例 > 建築外構・景観演出 ライトアップ > 八王子市北野余熱利用センター(あったかホール)

納入事例

建築外構・景観演出 ライトアップ

八王子市北野余熱利用センター(あったかホール)東京都八王子市

環境に配慮した施設をやさしく包み込むあかり

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • 2光色発光形ランプ「ツインアーク」をエントランス部分に使用し、季節や雰囲気の変化に合わせた照明演出を実施。

施設概要

施主
八王子市役所

竣工

1997年10月

1997年秋、八王子市に完成した八王子市北野余熱利用センターは、隣接する清掃工場の焼却余熱を利用した複合施設です。温水プール、浴室、多目的ホール、会議室といった施設の他、市民に対するリサイクル啓蒙施設であるリサイクルプラザを併設している点が特徴となっており、建物自体も環境との共生を考慮した設計としました。

外観照明については、ただ単に照らし出すのではなく、空間全体をふわりと浮かび上がらせるような照明の在り方を目指しました。これは、周辺の民間住宅への影響を考慮し、緑で囲まれた施設そのものを浮かび上がらせることで、清掃工場と住宅地を遮断させるという意味合いが込められているとも言えます。そしてアプローチライトがエントランス部分へと続き光で導くという手法を取り、安全で快適な光環境を創り出しています。

エントランスの屋根はバックから支えている構造のため、空中に浮かんだ感じが出ており、ガラス内部の照明と合わせて光源の切り替えが可能なツインアークを採用して季節や雰囲気に応じた演出照明を行っています。

主な納入器具

  • アイ ツインアーク

このページの先頭へ