Home > 納入事例 > 建築外構・景観演出 ライトアップ > 品川駅東口ふれあい広場 ガラスオブジェ

納入事例

建築外構・景観演出 ライトアップ

品川駅東口ふれあい広場 ガラスオブジェ東京都品川区

東京の玄関口、品川駅東口前の広場を効果的に演出する光ファイバー照明

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • 未来的な雰囲気を演出するガラスオブジェ。

施設概要

施主
日本鉄道建設公団 国鉄清算事業本部

竣工

2001年4月

2001年4月に完成したJR品川駅東口のふれあい広場は、港区の公共駐車場と駐輪場が地下に併設された広場です。駅からの歩行者動線には快適なペデストリアンデッキが設けられ広場周辺の街区に直結、ビジネスエリアへの玄関口となっています。

階段付近には光ファイバーを使ったガラスオブジェを設置し、夜間もフットライトや投光器からの照明で広場を安全に照らし出すとともに、印象的な光で空間をより効果的に演出しています。

主な納入器具

  • 光ファイバーケーブル

  • 投光器 アーバンアクトβ(ハイラックス150W/2500K) - 4台

  • フットライト(アイ ダイクロクールハロゲンランプ75W) - 14台

このページの先頭へ