Home > 納入事例 > 道路照明 道路 > 有明北地区 環状2号線

納入事例

道路照明 道路

有明北地区 環状2号線東京都江東区

すっきりとしたデザインの照明ポールが道を快適に照らし出す

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • FECセラルクスエースを光源とする照明ポールが夜間も安全・快適に道路を照らし出す。

施設概要

施主
東京都第一区画整理事務所

竣工

2006年3月

2006年3月、地区の中央を南北に縦断する環状2号線が開通しました。

新交通ゆりかもめが通る環状2号線では、上空にある構造物(照明)はよりシンプルで、周辺環境と調和する形状であり、さらに地区の個性を表現できることが望ましいと考えました。複数案の中から、最もすっきりとしたヨットや船の帆を連想させる斜材を用いた直線形のポールデザインを選定しました。なお、照明ポールの色はゆりかもめとの調和、空との調和、緑との調和から、照明ポールの存在感が薄まるように「ライトグレー」としています。

また、車道灯・歩道灯の光源には、ランプ効率性が良く演色性も高い「セラミックメタルハライドランプ」を採用し、にぎやかな街の演出に寄与しています。

主な納入器具

  • 都市景観道路照明器具(FECセラルクスエース360W) - 42セット

  • 都市景観道路照明器具/歩道用(セラルクス70W) - 24セット ほか

このページの先頭へ