Home > 納入事例 > 公園・街路照明 街路灯 > 道道435号 松前港線(城下通り)

納入事例

公園・街路照明 街路灯

道道435号 松前港線(城下通り)北海道松前郡松前町

北海道唯一の城下町、松前町の歴史を生かした街並みに調和するあかり

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 車道用は「レディオック ロード」、歩道用は「レディオック LEDライトバルブ87W」で通りを照らし、安全・安心な歩行空間を確保している。

施設概要

施主
松前港線(B交-701)工事(補正明許外)・松前港線(B交-638)工事

北海道

平成26年度 商店街まちづくり事業街路灯整備工事

松前歴まち商店街組合

平成26年度 街なみ環境整備歩道用照明灯設置工事

松前町

設計
松前港線(B交-701)工事(補正明許外)・松前港線(B交-638)工事

(株)シビテック

施工
松前港線(B交-701)工事(補正明許外)

(株)若狭組

松前港線(B交-638)工事

伊藤アスファルト建設(株)

平成26年度 商店街まちづくり事業街路灯整備工事

(有)古海電気商会

平成26年度 街なみ環境整備歩道用照明灯設置工事

(有)森電設

電気工事
平成26年度 商店街まちづくり事業街路灯整備工事

(有)古海電気商会

平成26年度 街なみ環境整備歩道用照明灯設置工事

(有)森電設

北海道最南端に位置する松前町は、松前藩の城下町として栄えた日本最北の城下町であり、松前のシンボル松前城と全国屈指の桜の名所としても有名な町です。松前町中心部は、北海道中期総合計画の戦略プロジェクト「歴史を生かす街並み整備モデル地区」に指定されていて、町では整備計画を策定し、松山城などの歴史的遺産や伝統文化を活用した市街地整備を進めています。

松前城の直下に位置する北海道道松前港線(城下通り)は、白壁や黒い屋根の建物が並び、江戸時代の城下町の雰囲気が味わえる街並みが形成され、風情ある景観が広がっている地区です。電線類を地中化し、すっきりとした通りには沿道と調和のとれたデザインのLED照明器具が設置されました。車道用はレディオック ロード、歩道用はレディオック LEDライトバルブ87Wを光源とする和風タイプの灯具を採用いただき、環境に配慮し、省エネを推進するあかりで街並みを安全・快適に照らしています。

このページの先頭へ