Home > 納入事例 > 公園・街路照明 駅前広場 > 古川橋駅 門真市道桑才線

納入事例

公園・街路照明 駅前広場

古川橋駅 門真市道桑才線大阪府門真市

長寿命で省エネルギー・環境に優しいLED器具で歩行者の安全性を確保

Myリストに追加
  • LED
  •  

施設概要

施主
門真市

竣工

2010年

大阪府門真市の京阪電鉄古川橋駅から南へ延びる市道桑才線は、周囲に銀行やショッピングセンター、飲食店、学校、住宅などがあり多くの人が行き交う通りです。
わが国が温暖化ガスを『2020年までに1990年比25%削減』と国際公約を掲げた背景から、門真市も地球温暖化対策に積極的に取り組んでおり、照明設備が改修されることとなりました。これをきっかけに、住民ひとりひとりの環境に対する意識を高めることを目的の一つと掲げています。
国道163号線への通り道で交通量も多い門真市内のメインストリートであるこの道路にLED照明設備を導入しました。歩車道部には薄型のLED器具を、シェルター部にはコンパクトなLED器具を採用することにより、周囲の景観を損なわないよう配慮しています。

主な納入器具

このページの先頭へ