Home > 納入事例 > 高天井照明 倉庫 > 横浜ヘリポート格納庫

納入事例

高天井照明 倉庫

横浜ヘリポート格納庫神奈川県横浜市金沢区

市民の安全・安心を「空から守る」ための横浜市消防局航空隊の施設をLED照明で照らし省エネを推進しつつ、十分な照度を確保

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • ヘリコプター2機を格納する格納庫全景。上部に整備用クレーンがあり天井が高い広々とした空間を「レディオック ハイベイ ラムダ」で照らし、十分な照度を確保している。

施設概要

施主
横浜市建築局
電気工事
東邦電設(株)
意匠設計・監理
(株)須山設計
電気設計・監理
J.I設計事務所

竣工

2015年12月

お客様の声:東邦電設(株)佐藤 晃様

横浜市消防局航空隊は、複雑多様化する災害に対応し、市民の安全・安心を「空から守る」ため、2機のヘリコプターにより、各種航空活動を行っています。横浜市では、横浜市消防局横浜ヘリポートの格納庫が使用開始から30年以上が経過し経年劣化したことや、ヘリコプターを2機更新したことを受け、改築工事を実施しました。新規格格納庫は延床面積1,180m²で、1階にヘリコプター2機の格納スペース、訓練スペース、消防車両格納スペース、作業スペースがあり、2階には、部品庫や倉庫が入っています。

格納庫の照明器具選定については、ヘリコプター整備時にストレスなく作業可能な照度を確保することを重視の上、岩崎電気のLED高天井用照明「レディオック ハイベイ ラムダ」、「レディオック シーリングHB」、及びLED投光器「レディオック フラッド ネオ」を採用しました。各整備工場や倉庫建設工事で多くの納入実績があり、製品についても信頼できる点等に着目し、採用したものです。設置後は適正な照度を確保することができ、デザイン性も優れているので採用して大変良かったと考えています。

このページの先頭へ