Home > 納入事例 > 高天井照明 ホール > 神田外語大学 7号館1階図書館

納入事例

高天井照明 ホール

神田外語大学 7号館1階図書館千葉県千葉市美浜区

「学習空間としての図書館」をコンセプトとする新発想の図書館を温もりのある電球色のLED照明で照らし、居心地の良い照明環境を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 2層吹き抜けで開放感のある図書館中央の木陰エリアをLEDアイランプSP-W(電球色)で照らし、落ち着いた雰囲気の照明環境を創出。

施設概要

施主
神田外語大学
施工・電気工事
伊藤電業(株)

竣工

2015年9月

お客様の声:神田外語大学 総務部 営繕課/松宮 宣夫様

神田外語大学のキャンパス内にある7号館は、本学創立20周年記念事業として企画され、2008年9月に完成した、外国語とコミュニケーション学習のための教育施設です。1階には図書館、2階には疑似留学空間MULC(マルク)やホール、セミナールーム、3階にはカフェを配置。4階は屋上庭園への出入口となっていて、屋上庭園のテラスからは緑豊かなキャンパス全体を一望することができます。

壁面の多くがガラス張りで自然光がたっぷりと降り注ぐ構造の建物は、屋根にあたる部分を芝生のスロープとし屋上緑化を整備するなど環境に配慮した施設となっており、2009年度グッドデザイン賞(社会領域、公共・教育関連施設)を受賞しています。神田外語大学では、2015年9月に1階図書館照明のLED化工事を実施し、図書館入口を入った中央の木陰エリアと呼ばれる場所を照らす高天井照明をLED照明に更新しました。

既設照明はメタルハライドランプ150Wのチェーン吊り器具でしたが、照度が低くランプ交換も手間がかかっていたためLED化を図り、クリスタルセード(アイ クリスタルビーム)に適合するLEDアイランプSP-W 100Wを既設と同じ位置に設置。居心地の良い温もりのある雰囲気を大切にするため、電球色を採用することで、これまでと雰囲気を変えずに明るさをアップさせ、省エネ、省メンテナンスを実現することが出来たと考えています。

主な納入器具

このページの先頭へ