Home > 納入事例 > 防犯照明 > 太平洋岸自転車道

納入事例

防犯照明

太平洋岸自転車道神奈川県中郡大磯町

海辺のサイクリングロードを安全に照らすLED太陽灯

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • サイクリングロードを夜間も安全に照らすLED太陽灯。

施設概要

施主
国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
施工・電気工事
東照工業(株)

竣工

2009年3月

太平洋岸自転車道は、西湘バイパス大磯港ICから大磯西IC付近までの全長約2.5kmのバイパス沿いにある自転車道で、大規模自転車整備事業の目玉の一つとして構想され、千葉県銚子市を起点に和歌山県和歌山市まで総計画延長1,200kmの一部として整備されたものです。この自転車道は、相模湾を眺めながら走ることができる海辺のサイクリングロードとなっており、サイクリングのみではなく、ランニングや本格的なウォーキングコースとしても人気があり、地域の方々に親しまれていることから、夜間における利用者の安全性を考慮して照明器具が設置されました。停電時に事故につながる可能性を回避するため、太陽光の自然エネルギーを夜間照明に利用する太陽灯が採用され、白色系LEDの光でサイクリングロードを安全に照らし出しています。

主な納入器具

このページの先頭へ