Home > 光・環境分野 > 環境シミュレーションシステム > 耐候性試験機 > アイ スーパーキセノンテスター

アイ スーパーキセノンテスター(キセノンウェザーメーター)

太陽光に近似した分光エネルギー分布を有する光源が自然の屋外暴露と高い相関性を得るとし、ISOをはじめJISやASTMなどの国内・国外の規格において標準的な耐候性試験機となっているのがキセノンテスター(キセノンウェザーメーター)です。

高い相関性に加え、照度を可変できるのが岩崎電気の“アイ スーパーキセノンテスター”で、今まで低かった促進性を向上させ、より使いやすい試験機となっています。

[Video]耐候性試験機「アイ スーパーキセノンテスター」 3:34

アイ スーパーキセノンテスター(キセノンウェザーメーター)の特長

キセノンランプ方式への移行が進んでいます。

これまで日本での耐候性試験機は、カーボンアーク方式(紫外線カーボンアーク灯方式、サンシャインカーボンアーク灯方式)が主流でした。この試験機は、現在でもいろいろ幅広く使用されています。その理由としては、現在までに蓄積された豊富なデータが各業界または企業にあり、試験機を変えることは、それらのデータが使用できなくなるおそれがあるためです。しかし、下記の理由により、キセノンランプ方式への移行が進んでいます。

  1. 海外で主流の耐候性試験機はキセノンランプ方式であり、海外との取引のある企業(業界)は、キセノンによる試験を行う必要性があります。
  2. JIS規格へのキセノンランプ方式の採用が増えています。ISOではキセノンランプ方式が主流です。
  3. キセノンランプ方式は、正しい設備を整えていれば、約1カ月に1回のメンテナンスで充分です。
  4. 促進性に関して、以前はキセノンランプ方式よりカーボン方式の方が促進性があると言われてきましたが、高照度タイプのキセノンランプ方式耐候性試験機の発売により、促進性は同等かそれ以上となりました。(キセノンランプ方式の照度、カーボン方式のフィルターにより異なります。)

アイ スーパーキセノンテスター分光エネルギー分布

アイ スーパーキセノンテスターの温湿度特性

照射時における設定可能なブラックパネル温度値と湿度値の関係

暗黒時における設定可能なブラックパネル温度値と湿度値の関係

キセノンアークランプ方式を使った耐候性試験機の対応規格

塗料、プラスチック、建材、繊維(染色堅ろう度、ブルースケール、グレースケール)などのJIS規格 塗料一般試験方法も、キセノンランプ方式が採用されました。また、JASO(日本自動車規格)も対応可能です。

アイ スーパーキセノンテスターは、標準品そのままか、もしくはオプション品を追加使用することにより、下記の規格試験に対応できます。

塗料関係

  • JIS K 5600-7-7(ISO 11341)
  • JIS K 5101-09(ISO 787/15)
  • ASTM D 4303

プラスチック関係

  • JIS K 7350-2(ISO 4892-2)
  • ASTM D 2565
  • ASTM D 4459
  • ASTM D 5071

繊維関係

  • JIS L 0843
  • ISO 105B-02
  • AATCC 169
  • ASTM D 4355

自動車関係

  • JASO M 346
  • JASO M 351
  • ISO 3917
  • SAE J 1885
  • SAE J 2412

その他

  • JIS B 7754
  • ASTM C 732
  • ASTM D 4434
  • ASTM D 4637
  • ASTM G 26
  • ※上記規格の全ての試験条件に対応しているわけではありません。

JIS:日本工業規格
ISO:国際標準化機構
ASTM:米国試験材料協会
AATCC:米国繊維用薬品色材協会規格
JASO:日本自動車規格
SAE:米国自動車技術者協会規格

主な規格の名称

  • JIS K5600-7-7:塗料一般試験方法
    • 第7部:塗料の長期耐候性
    • 第7節:促進耐候性(キセノンランプ法)
  • ISO 787/15:顔料および体質顔料の一般的試験方法-Part 15類似した着色顔料の光に対する耐久性比較
  • ASTM D 4303:アートペイントに用いられる顔料の光堅ろう度標準試験方法

遠隔監視・操作機能(オプション)

オプションでLANネットワークからの遠隔操作が可能です。
試験経過や装置の状態の確認が、事務所のPCから即座に、簡単に実施できます。


製造終了品のご案内


2019年3月29日

アイ スーパーキセノンテスター XER-W75は2018年3月をもって製造・販売終了となり、保守・メンテナンス業務を2025年3月末日で終了いたします。詳細は下記をご覧ください。

このページの先頭へ

光に関するお悩み、なんでもご相談ください。

耐候性試験ならアイ スーパーUVテスター&キセノンテスターにお任せください。
ご要望を伺い、オーダーメイドいたします。

岩崎電気 光・環境営業部

東日本 03-5846-9030
西日本 06-4790-8943

このページの先頭へ