照明技術資料

照明関連の計算法

光束法による照度計算 - ルーバ天井(格子ルーバ)

ルーバ天井の照明計算を行う手順を次に示します。

(1)ルーバ懐内の照明率 U'

使用する器具の照明率表からルーバ上面に入る照明率U'を求めます。このとき天井面、壁面の反射率は使用する材料によって決まりますが、床面に相当するルーバ面の反射率はルーバ形状と羽根の反射率によって決まります。ルーバ面の反射率を想定する場合、図2.3を参照してください。

  1. ルーバ懐内の照明率
    U'

(2)ルーバ効率 ηt

格子ルーバの透過率(=効率ηt)やその面から出る配光は、ルーバ形状と羽根の反射率によって決まることが小木曽氏等によって発表されているので、ここではそのまま採用します。
ルーバ効率ηtや配光は表2.4より求めてください。

  1. ルーバ効率
    ηt

(3)固有照明率 UO

表2.4よりルーバ面から出る配光は決まってますので、表2.2のBZ分類による固有照明率表から固有照明率UOを求めてください。作業面が床面でない場合は実効反射率の項に示した表2.1の実効反射率表より実効反射率を求め、ルーバ面は(1)と同じ反射率を使ってください。

  1. ルーバ天井による固有照明率
    UO

(4)作業面の照明率 U

この結果ルーバ天井による照明率は(1)、(2)、(3)の積
U = ηt・U'・UO
で求められます。

  1. 作業面の照明率
    U
  1. 平均照度率
    E

    または

    灯数
    N

図2.2 ルーバ天井

図2.3 格子ルーバ面の反射率

表2.4 格子ルーバの配光、BZ分類と効率
仕上の反射率(ρ) 90% 80% 70% 60% 50% 0%

ルーバ効率(%)

Kr=1
64

BZ3
60

BZ3
56

BZ3
52

BZ3
49

BZ2/8.5/BZ3
37

BZ1

Kr=0.67
55

BZ3
45

BZ3
44

BZ3
39

BZ3
36

BZ2
23

BZ1

Kr=0.5
49

BZ3
42

BZ3
36

BZ3
31

BZ2/1.3/BZ3
28

BZ2
15

BZ1

Kr=0.4
44

BZ3
37

BZ3
31

BZ3
26

BZ2
22

BZ2
10

BZ1

Kr=0.33
41

BZ3
33

BZ3
26

BZ3
22

BZ2
18

BZ2
7

BZ1

(注) Kr=a/2d<10

このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ