情報ライブラリー

照明技術資料

照明関連設備の設計資料

配線設計

分岐回路の種類

幹線から分岐して、分岐過電流遮断器から負荷に至るまでの回路のことを分岐回路と言います。
分岐回路の種類によって、分岐回路に接続できる最小電線サイズ、および受口が内線規程で定められており、それをまとめたものを表1.3に示します。

表1.3 分岐回路の種類により接続できる最小電線サイズおよび受口

種類 分岐過電流遮断器
の定格電流
最小電線(銅線)サイズ 受口
分岐回路
一般
分岐点から1つの受口(コンセントを除く)に至る部分(長さ3m以下の場合に限る) ねじ込み接続器及びソケット
15A
分岐回路
15A以下 直径1.6mm
以上

(注1)
  • 公称直径が39mm以下のねじ込み形のソケット
  • ねじ込み形以外のソケット
  • 公称直径が39mm以下のねじ込み接続器
20A
配線用
遮断器
分岐回路
20A
(配線用遮断器に
限る)
直径1.6mm
以上

(注1)
20A
分岐回路
20A
(ヒューズに限る)
直径2.0mm
以上
直径1.6mm
以上
  • ハロゲン電球用ソケット
  • 白熱電灯用の公称直径が39mmのソケット
  • 放電灯用の公称直径が39mmのソケット
  • 公称直径が39mmのねじ込み接続器
30A
分岐回路
30A 直径2.6mm
以上
直径1.6mm
以上
40A
分岐回路
40A 断面積8mm²
以上
直径2.0mm
以上
50A
分岐回路
50A 断面積14mm²
以上
直径2.0mm
以上
  • ※注1:分岐回路一般で規定している直径1.6mm以上の電線を使用すれば長さ3m以下に限らなくてもよいことを示します。

(参考文献:「内線規程」(JEAC8001-2005)(社)日本電気協会,P629-P640 )

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ