情報ライブラリー

照明技術資料

照明関連の計算法

光束法による照度計算

光束法

作業面の平均的な照度を求めたり、ある照度を得るために必要な光源の数を求めたりするときに使われる計算方法で、式は次のように表せます。



ここに、

E平均照度(ℓx)
Fランプ光束(ℓm)
A床面積(m²)
Nランプ個数
U照明率
M保守率

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ