生産体制

全国各地に広がる営業・サービス網とグループ企業が一体となり、研究開発から生産・販売・流通、アフターサービスまでの、万全で一貫した光ビジネスを展開しています。

研究開発・生産体制

埼玉製作所

埼玉製作所

1960(昭和35)年に設立された当社の主力工場です。埼玉県行田市に約63,000m²の広大な敷地で、光源の生産量では日本で最大級の工場です。最新鋭の全自動生産設備により、HIDランプ・LEDランプ・UVランプをはじめとする各種光源を一貫生産し、また、光技術を応用した紫外線による殺菌装置や、水の浄化装置・印刷装置・液晶滴下工法用のランプなども手掛けています。新規光源の研究開発、材料分析技術、各種光学設計技術、生態系への光環境技術、紫外線や電子線を用いた殺菌技術など多岐に渡る研究・開発を進めています。

本庄工場

本庄工場

環境試験装置や殺菌装置、エコロジーな印刷・コーティング・接着など様々な表面処理加工システムに応用される紫外線・赤外線硬化システムの設計・調達・調整・検査を行う光・環境事業拡大に向けた拠点工場です。

川里工場

川里工場

道路やトンネルの情報装置など、様々な情報表示装置の開発・製造を行っています。また、高度な生産技術と品質管理及び最先端の設備を用いて電子機器の開発・製造を行っています。

ISO認証

岩崎電気本社及び生産拠点である埼玉製作所では、環境ISOの認証取得を受けています。商品の開発から廃棄に至るまでの環境影響にも配慮し、事業活動における環境負荷の低減に積極的に取り組んでいます。また、営業部門でも品質ISOを取得し、顧客満足度を高め、高いサービス提供を行っています。環境ISO及び品質ISOを多くのグループ企業でも取得しています。

このページの先頭へ