Home > お問合せ・カタログ請求 > よくあるご質問(FAQ) > 商品とサービス > ランプ・光源・安定器 > 蛍光ランプ用安定器には、どのような種類があるのですか

よくあるご質問(FAQ)

2016年6月12日

蛍光ランプ用安定器には、どのような種類があるのですか

蛍光ランプ用安定器には、銅鉄式のスタータ形とラピッドスタート形の安定器および半導体部品を主に使用した電子式(インバータ式)があります。スタータ形は、グロースタータを使用するものと、グロースタータ部分を半導体に代えた半導体スタータ式のものがあり、この方式は始動時間が約2~3秒程度かかります。なお、スタータは寿命による交換が必要です。

ラピッドスタート形は、蛍光ランプに導電皮膜を施して始動しやすくなっており、グロースタータなどの点灯管が必要ありません。この方式の始動時間は約1秒程度です。

電子式(インバータ式)は、高効率で電気を効率よく光に変換します。この方式は周波数50Hz・60Hz共用で、高周波点灯により人がちらつきを感じない安定器です。

ランプ・光源・安定器に関するよくあるご質問


このページの先頭へ