Home > お問合せ・カタログ請求 > よくあるご質問(FAQ) > 商品とサービス > ランプ・光源・安定器 > 安定器とは、どのような役目をするものですか

よくあるご質問(FAQ)

2016年6月15日

安定器とは、どのような役目をするものですか

蛍光ランプやHIDランプなどの放電ランプは、放電現象を利用した光源です。放電現象というものは不安定で、電源に直接つなぐと電流が急激に増えて、瞬間的にランプの電極やシール部(封止部)が壊れてしまいます。この電流が増え続けるのを防ぐために、電源とランプの間に抵抗を入れて、電流を一定の値に安定させる必要があります。この抵抗のことを「安定器」と呼びます。また、ランプが点灯するのに必要な始動電圧を与えて安定した点灯を維持するためにも放電ランプの点灯には安定器が必要です。

ランプ・光源・安定器に関するよくあるご質問


このページの先頭へ