Home > お問合せ・カタログ請求 > よくあるご質問(FAQ) > 商品とサービス > ランプ・光源・安定器 > 蛍光ランプが破損した場合、人体への影響はあるのですか

よくあるご質問(FAQ)

2016年7月27日

蛍光ランプが破損した場合、人体への影響はあるのですか

蛍光ランプが破損した場合は、ガラス破片の他にランプ内に封入されている微量の水銀とガラス管内に塗布されている蛍光体(白色の粉末)が飛散します。
一般家庭で使用する蛍光ランプの破損から放出されるレベルの水銀では、人体への影響はほとんどありません。
また、蛍光ランプに封入されている水銀は金属水銀(無機水銀)であり、もし少量の水銀が体内に入っても吸収されることがほとんどなく、体外に排出されるために毒性の影響は少ないと言われています。
同時に飛散した蛍光体も身体への悪影響を及ぼす物質ではありません。
蛍光ランプが破損した場合、放出される水銀や蛍光体に手を触れないように速やかに収集していただければ全く心配ありません。

ランプ・光源・安定器に関するよくあるご質問


このページの先頭へ