Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 陸上競技 > 舎人公園 陸上競技場

納入事例

スポーツ施設照明 陸上競技

舎人公園 陸上競技場東京都足立区

充実した施設を誇る公園内の陸上競技場を「レディオック フラッド デュエル」で照らし、良好なナイター照明環境を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 全点灯時。サッカーやラグビーなどの競技が行われる人工芝のフィールドを「レディオック フラッド デュエル 830Wタイプ」で鮮やかに照らし出す。

施設概要

施主
東京都
設計
(株)土屋建築研究所
施工
(株)愛工大興

竣工

2018年9月

舎人公園は、60ha以上に及ぶ広大な敷地を持ち、都内にありながら広がる空と多様な自然が楽しめる、くつろぎの空間です。みどりと水に恵まれた敷地は現在も造成が進み、最終的には69.5haに及ぶ計画となっています。園内にはバーベキュー広場をはじめ、さまざまな広場や池など自然を体感するエリアとともに、陸上競技場やテニスコート、野球場などのスポーツ施設があり、充実した施設を備えた公園は、スポーツ・レクリエーションの場として多くの方々に親しまれています。公園の西側にある陸上競技場は、日本陸上競技連盟第3種公認で400mトラックと5,000人収容スタンドを有する本格的な陸上競技場です。フィールド内が天然芝となっている競技場は、トラック・跳躍・投てき競技や、サッカー、ラグビー、運動会など多目的に利用でき、一般の方々に広く開放されています。

東京都では多方面からの要望に応え、2018年9月に夜間照明設備工事を行い、ナイター照明を新設しました。地上高40mの照明鉄塔に高出力形LED投光器「レディオック フラッド デュエル 830Wタイプ」を設置して、JIS基準区分Ⅱ(一般競技レベル)の平均200ℓxを確保。省エネに貢献するLEDの光で競技場を照らし、明るく均斉度の高い良好な視環境を創出しています。周囲に住宅があるため漏れ光に配慮し、LED投光器の一部には遮光ルーバを設置しました。また、ヘリポート用照明としての使用に備え、照明鉄塔1基につき1灯のみ点灯する点灯パターンが用意されていることも特長の一つと言えます。

LEDを採用したことで、非常時発電機への負荷軽減など、施設全体の省エネ推進に貢献するとともに、夜間利用も可能になったことで利便性の向上に繋がることが期待されます。

主な納入器具

このページの先頭へ