Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 テニス > 乃木浜総合公園 庭球場

納入事例

スポーツ施設照明 テニス

乃木浜総合公園 庭球場山口県下関市

充実したスポーツ施設の整備が進められている総合公園のテニスコートをLEDテニスコート専用器具で照らし、視認性に優れた照明環境を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 省エネに貢献するLEDテニスコート専用器具「レディオック テニスター」でコートを照らし、明るく均斉度の高い快適な照明環境としている。

  • 夜間点灯状況。トータルで18基設置されている「レディオック テニスター」で、眩しさを低減しながら近隣への光漏れを抑制しつつコート面を効率良く照らしている。

  • 上空や後方への光漏れを抑制し、コート面をむらなく照らすLEDテニスコート専用器具「レディオック テニスター」。

  • 砂入人工芝コートが全5面あるテニスコート昼景。

施設概要

施主
下関市
設計
下関市公園緑地課、下関市公共建築課
施工
(株)コプロス
電気工事
(株)カワサキコーポレーション・和光電気工事(株)JV

竣工

2017年5月

お客様の声:下関市 公園緑地課様

下関市の東部地区に位置する乃木浜総合公園は総面積35.4haの総合公園です。地域住民の方々の健康増進、コミュニティづくり及びレクリエーションの場の創出を目的として、2006年までに第1期整備、約13.8haを終了しており、多目的グラウンド・芝生広場・こども広場・親水広場・アシ原などを供用開始し、地域住民の身近な公園として広く利用されています。

第2期整備では運動施設を中心に整備を行っており、砂入人工芝コート5面、ナイター照明を備えたテニスコートは、2017年5月に供用を開始しました。ナイター照明には、上空や後方への光漏れを制御し、周辺環境に配慮しながらコート面を効率良く照明するLEDテニスコート専用器具「レディオック テニスター」を設置し、景観にも配慮した施設となっています。テニスコートが整備された乃木浜総合公園は海に近いため、照明器具はSUSを主体としてフッ素樹脂塗装を施した重耐塩仕様としました。

また、設置初期の過剰な明るさを抑え、寿命末期まで一定の明るさを維持する初期照度補正機能も備えています。設計照度はコート毎に点灯する場合でも300ℓxを確保、均斉度は0.5以上で、省エネに貢献しつつ夜間も快適な明るさのもとでプレーを楽しむことができる照明環境としました。

主な納入器具

  • LEDioc TENNISTER(レディオック テニスター)(特注色/重耐塩仕様) - 30台

このページの先頭へ