Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 テニス > 八戸工業大学第一高等学校

納入事例

スポーツ施設照明 テニス

八戸工業大学第一高等学校青森県八戸市

省エネに貢献するLED投光器で多目的グラウンドを快適に照らし出す

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 大幅な省エネを実現するLED投光器レディオック フラッド スポラートで多目的グラウンドを明るく照らし出し、平均照度145ℓxを確保。

施設概要

施主
八戸工業大学第一高等学校

竣工

2014年10月

青森県八戸市にある八戸工業大学第一高等学校は、2016年に創立60年目を迎える私立高等学校で、八戸工業大学の付属校です。「文武両道」を教育の柱に据えている同校では部活動も盛んで、野球部、ラグビー部、サッカー部、アーチェリー部それぞれの専用グラウンドや多目的グラウンドなど充実した設備を備えています。

2014年10月には、テニスコート5面がある多目的グラウンドの照明設備をLED照明に更新する工事が実施されました。既存照明はコンクリート柱8基に水銀ランプ400W投光器が34灯、後付け(既存400W入れ替え)で水銀ランプ1000W投光器6灯が設置されていました。今回の改修工事で、水銀ランプ400W相当の明るさを達成するLED投光器レディオック フラッド スポラート130Wタイプに全て更新し、既存40台から2台増設して全部で42基設置。省エネ推進及び消費電力の削減に貢献するLEDの光で既存照明と同等以上の明るさを確保し、環境に配慮した明るく快適な照明環境をつくり出しています。

このページの先頭へ