Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 サッカー > 新潟聖籠スポーツセンター・アルビレッジ

納入事例

スポーツ施設照明 サッカー

新潟聖籠スポーツセンター・アルビレッジ新潟県北蒲原郡聖籠町

省エネ・光害・環境に配慮されたナイター照明

Myリストに追加
  •  
  • HID

施設概要

施主
NPO新潟スポーツコミュニティ
設計
(株)クレイズプラン
施工
(株)本間組
電気工事
星野電気(株)

照明設計

維持平均照度

200ℓx

2002 FIFAワールドカップの新潟での開催を記念して整備された“新潟聖籠スポーツセンター・アルビレッジ”は、屋外ピッチや屋根付のフットサルコート、フィットネスジムなどの施設が充実した総合型スポーツ施設です。Jリーグチームのアルビレックス新潟の専用ピッチになっている屋外ピッチのナイター照明は、効率改善形投光器“アクロスター”を設置し、効率をアップさせ、さらに上空への余分な光を制御することで少ない灯数でも無駄なくピッチ上を明るく照らし出せます。光害にも考慮し、環境にもやさしいナイター照明となっています。

主な納入器具

  • 効率改善形投光器 アクロスター(UVカット形アイ マルチメタルランプ1500W) - 96台

  • エリアスター投光器(UVカット形アイ マルチメタルランプ700W) - 10台

  • 街路灯 ジェネロ(ハイラックス150W) - 10台

このページの先頭へ