Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 ラグビー > 駒沢オリンピック公園 総合運動場

納入事例

スポーツ施設照明 ラグビー

駒沢オリンピック公園 総合運動場東京都世田谷区

周辺への漏光に配慮し、良好な視環境で快適なナイター照明を実現

Myリストに追加
  •  
  • HID

施設概要

施主
(財)東京都サッカー協会
電気工事
JESCO AVマーケティング(株)
設計・施工
清水建設(株)
グラウンド面積
補助競技場(芝面積135m×78m)、第二球技場(芝面積110m×75m)

照明設計

維持平均照度

300ℓx

竣工

2005年2月

広大な敷地の駒沢オリンピック運動公園総合運動場は、多目的に使える第一球技場や第二球技場・補助競技場、屋外プール、軟式・硬式野球場、テニスコート、弓道場などがそろい、多くの種目のスポーツが楽しめます。

照明設備
運動場周辺には高層住宅があることから周辺環境を配慮し、漏れ光を抑制した新型光害対策投光器「アクロスペース」を採用。これにより従来の丸型投光器と比較し、漏れ光が少なくむらのない照明を実現できました。補助競技場、第二競技場とも維持照度として300ℓxが確保されています。

主な納入器具

  • 光害対策用投光器 アクロスペース(アイ マルチメタルランプ1500W) - 120台 ほか

このページの先頭へ