Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 グラウンド > 大阪経済大学 摂津キャンパス

納入事例

スポーツ施設照明 グラウンド

大阪経済大学 摂津キャンパス大阪府摂津市

鮮やかなグリーンが映えるグラウンドを「レディオック フラッド デュエル」で照らし、夜間も快適に競技を行える良好な照明環境を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 広角タイプの「レディオック フラッド デュエル」で鮮やかなグリーンの人工芝グラウンドを照らし、均斉の良い照明空間を創出。

施設概要

施主
学校法人 大阪経済大学
電気工事
大進電設工業(株)

竣工

2018年8月

お客様の声:学校法人 大阪経済大学 総務部/林 哲也様

大阪経済大学は、大阪市東淀川区に本部(大隅キャンパス)を置く私立大学です。阪急京都線「上新庄」駅徒歩約15分、地下鉄今里筋線「瑞光四丁目」駅徒歩約2分とアクセスにも恵まれ、経済・経営系の4学部7学科・大学院4研究科を有する「都市型複合大学」として大阪の中心に位置していることを特長の一つとしています。また、大隅キャンパスからスクールバスで約10分の摂津キャンパスには、弓道場やトレーニングルームなどを備えているクラブハウス、サッカーフィールドや陸上競技用のトラックなどがある人工芝グラウンド、テニスコートなど充実したスポーツ施設が揃っています。

大阪経済大学では、2018年8月にグラウンドのナイター照明設備について改修工事を実施し、既設水銀ランプに替えて高出力形LED投光器「レディオック フラッド デュエル 560Wタイプ」を設置しました。授業やサッカーなどの部活動で使用しているグラウンドは、夕方以降の使用も多いため、良好な照明環境を提供することで安全性を高めることを目的として、また、「水銀に関する水俣条約」による2021年以降の水銀ランプ製造禁止に伴い、省エネルギー化の観点から既設照明のLED化を実施したものです。既設水銀ランプ48台に対し、JIS競技区分Ⅲ(サッカー)の照度基準を満たす「レディオック フラッド デュエル 560Wタイプ」×30台を設置して大幅な省エネを実現しつつ、これまでと同等以上の明るさを確保しました。

ポールの高さや設置場所についても十分考慮の上、より効果的・合理的に照明設計を行い、眩しさを抑えた良好な照明環境をつくることができたと考えています。

主な納入器具

このページの先頭へ