Home > 納入事例 > スポーツ施設照明 野球場 > 紀三井寺公園 野球場

納入事例

スポーツ施設照明 野球場

紀三井寺公園 野球場和歌山県和歌山市

周辺への漏れ光、誘虫性を考慮した環境に優しい照明環境を実現

Myリストに追加
  •  
  • HID

施設概要

施主
和歌山県
施工
岩崎電気・近畿電設共同企業体
グラウンド面積
12,477m²
収容規模
15,000人

照明設計

内野

1500ℓx

外野

800ℓx

竣工

2006年3月

紀三井寺公園野球場は和歌山県内最大規模で、高校野球の和歌山地区予選、決勝も行なわれ、県内の野球イベントの多くがこの球場で行なわれる施設です。高校野球等で日没再試合が多い中で、県内にナイター設備がある施設がなく、県民、市民からナイター設備の設置が切望されていました。

照明設備
近隣に住宅地があることも考慮し、照明の漏れ光対策及び虫の誘虫対策を徹底するため、投光器の前面部に遮光ルーバを取付け、また誘虫性の低いUVカット形メタルハライドランプと高圧ナトリウムランプの混光照明が採用されており、環境に十分配慮した照明設備となっています。高効率で省エネに貢献する投光器とランプを組合せて使用することにより所要台数の削減を図りつつ、硬式・公式競技レベルの明るさを確保しています。

主な納入器具

このページの先頭へ