Home > 納入事例 > サイン広告・看板照明 > トリニティモール トイザらス鳥取店

納入事例

サイン広告・看板照明

トリニティモール トイザらス鳥取店鳥取県鳥取市

セラルクスを光源とする投光器で店舗サインを効果的に照らし出す

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • 夜間も演色性に優れたセラルクスの光でボード面を均一に照らし出す。

施設概要

施主
(株)玉川商店

竣工

2005年11月

2005年11月に鳥取県内初出店となる「トイザらス鳥取店」を出店しました。

これまで、「トイザらス」のビルディングサインについては全て内照式としてきましたが、「トイザらス鳥取店」では、初めての試みとして、投光器による外照式の屋外看板照明を採用しました。ランニングコスト、メンテナンス費用の削減を図るとともに、遠方からも認知できる明るさを確保することを目的としたものです。ショールームにて各種ランプ及び投光器を用いた照明実験を実施し、色評価実験等を重ねた結果、演色性に優れたセラルクスとアーバンビューエポを組合せた照明器具を選定しました。そして、影の見え方に留意しながら、均等に光が立ち上がるよう角度調整を行った上で壁面アッパー照明で照らし出し、トイザらスカラーを正確に再現したサイン照明を実現することが出来ました。

「トイザらス鳥取店」は国道より少し入った場所に位置しているため、ブルーの壁面上に明るく浮かび上がるサイン照明を設置することで遠くからの認知度を高め、夜間も店舗を効果的にアピールしています。

主な納入器具

このページの先頭へ