Home > 納入事例 > 建築外構・景観演出 外構 > コンフォール上野台

納入事例

建築外構・景観演出 外構

コンフォール上野台埼玉県ふじみ野市

安全・安心にも配慮した、快適で魅力ある緑化空間を形成

Myリストに追加
  • LED
  • HID
  • セルカ・アプローチライトは昼間の景観にも配慮したシンプルなデザインとなっている。

施設概要

施主
(独)都市再生機構 神奈川地域支社
設計
(株)SUN設計事務所

竣工

2006年3月

上野台団地は、UR都市機構(=独立行政法人都市再生機構;当時、日本住宅公団)が建設、管理するUR賃貸住宅(旧公団住宅)です。高度経済成長により住宅が不足していた1959年(昭和34年)に建てられましたが、近年、老朽化が進んだことから、建て替え事業が行なわれています。
上野台団地は、埼玉県ふじみ野市(2005年10月1日に上福岡市と入間郡大井町が合併して誕生)にあり、ほぼ同時に完成した市内の霞ヶ丘団地とともに「東洋一のマンモス団地」と呼ばれた大規模な団地です。

東京近郊にありながら、木々の緑が豊かな住宅として、長い間、沢山の人々に馴れ親しまれてきました。今回の外構整備ではこうした地域性を大切に、地域の特長を活かし、また安全・安心にも配慮した、快適で魅力ある緑化空間形成が図られました。住戸・緑地・歩道の空間において快適な光環境を創出すると同時に、省エネやコスト削減も実現しました。

主な納入器具

  • エクステリアライト cerca(セルカ)

  • ポールライト(セラルクス70W) - 4基

  • アプローチライト(セラルクス35W) - 14基

  • ソーラーLEDブロック

  • 環境配慮形共架灯

このページの先頭へ