Home > 納入事例 > 建築外構・景観演出 ライトアップ > A to Z メモリアルドッグ

納入事例

建築外構・景観演出 ライトアップ

A to Z メモリアルドッグ青森県弘前市

アートなまち弘前のシンボルを心地よい光で照らし出す

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 指向性の強いLED投光器(レディオック フラッド ネオ)で倉庫壁面にメモリアルドッグのシルエットを投影している。

施設概要

施主
弘前市
設計
(株)TCA 一級建築士事務所
電気工事
(有)小枝電工

竣工

2011年12月

メモリアルドッグは、弘前市出身の現代美術家、奈良美智氏の展示会「A to Z」(奈良美智+graf)を記念してつくられた高さ3m、全長4.5mの巨大オブジェです。吉野町緑地公園内にあり、自由に触れることができるメモリアルドッグをより効果的にライトアップするため、対角線上にLED投光器(レディオック フラッド ネオ)を配置し、やわらかいフォルムを心地よい光で包み込んでいます。また、イベント時などには、指向性の強いLED投光器(レディオック フラッド ネオ)で煉瓦倉庫の壁面にメモリアルドッグのシルエットを投影し、「アートな弘前」のまちのシンボルとして浮き上がらせています。

主な納入器具

このページの先頭へ