納入事例

建築外構・景観演出 ライトアップ

美原大橋北海道江別市

浮かび上がる橋の灯火

Myリストに追加
  •  
  • HID

施設概要

施主
札幌開発建設部
国土交通省 北海道開発局
設備設計
(株)通電技術

美原大橋のある道央圏連絡道路は、北海道千歳市を拠点とした、長沼町、南幌町、江別市、当別町、札幌市を結び小樽市にいたるまでの約80kmの地域高規格道路です。主塔には、ワイヤー定着部維持補修用照明として投光器“アイ スポラート”を設置し、メタルハライドランプ“FECマルチハイエースH”の爽やかなあかりが夜間にも主塔をくっきりと浮かび上がらせ、地域のランドマークとなっています。

主な納入器具

  • 投光器 アイ スポラート

    (FECマルチハイエースH 300W) - 20台

    (FECマルチハイエースH 400W) - 8台

  • トラフ形蛍光灯器具 ほか

このページの先頭へ