Home > 納入事例 > 植物育成システム 植物工場・補光照明 > 青森県立柏木農業高等学校 植物栽培実験室

納入事例

植物育成システム 植物工場・補光照明

青森県立柏木農業高等学校 植物栽培実験室青森県平川市

空き教室を有効利用した「きょうしつ野菜」の育成に高圧ナトリウムランプを使用

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • リーフレタスの栽培状況。高圧ナトリウムランプ(FECサンルクスエース360W)15灯を夜間点灯し、平均維持照度11000ℓxを確保している。

施設概要

施主
青森県立柏木農業高等学校

竣工

2008年4月

青森県立柏木農業高等学校では、2007年より2年計画で「元気あおもり柏農高発ハイテク農業プロジェクト」に取り組んでいます。その一環として、空き教室を利用して完全閉鎖型の植物工場実証実験を行いました。雨やほこりにさらされる心配もなく、養液土耕により土も使わず無農薬栽培を実現しています。窓を反射シートで覆われている教室に太陽光の代わりとなる光源、高圧ナトリウムランプ FECサンルクスエース360Wを使用し、夜間点灯しています。リーフレタス・ミニトマト・ガーベラなどの栽培を順次行なっており、リーフレタスの場合、定植から収穫まで約3週間と露地栽培の半分で出荷できることがわかっています。

主な納入器具

このページの先頭へ