Home > 納入事例 > 公園・街路照明 構内 > さくらがわ地域医療センター

納入事例

公園・街路照明 構内

さくらがわ地域医療センター茨城県桜川市

地域医療のさらなる充実を目指して開院した医療センターの外構を安全に照らす光

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 駐車場側より医療センター方向をのぞむ。省エネに貢献するLEDポールライト「レディオック エリア セレーネ」が施設周辺を照らし、夜間の安全性を高めている。

施設概要

施主
桜川市
設計施工
三井住友・鈴縫・伊藤喜三郎・飯島洋省特定建設工事共同企業体
電気工事
住友電設(株)

竣工

2018年9月(開院:10月)

茨城県桜川市と筑西市では、県で作成した地域医療再生計画に基づき、公立2病院と民間病院の計3病院を再編統合の上、桜川市に「さくらがわ地域医療センター」を、筑西市に「茨城県西部メディカルセンター」を建設し、2018年10月に開院しました。

桜川市が整備した「さくらがわ地域医療センター」は、水戸線「大和駅」から徒歩3分の好アクセスに位置し、9つの診療科、病床数128床を備え、センター内に健診センター、訪問看護ステーションを開設しています。同時期に開院した「茨城県西部メディカルセンター」と機能分担を図り、主に初期救急医療を中心とした医療機関となっています。

鉄筋コンクリート造り3階建ての施設の屋外照明には、LEDポールライト「レディオック エリア セレーネ」、LEDアプローチライト「レディオック アプローチ」が採用されました。また、医療センター入口付近にはLED太陽灯(レディオック エリア Dタイプ)を設置し、環境に配慮した灯りで夜間の安全性を高めています。

主な納入器具

このページの先頭へ