Home > 納入事例 > 公園・街路照明 構内 > 千葉都市モノレール セントラルアーチ ライトアップ

納入事例

公園・街路照明 構内

千葉都市モノレール セントラルアーチ ライトアップ千葉県千葉市中央区

多彩な色を表現できるフルカラーLED投光器でアーチ状の橋脚を照らし街の賑わいをより効果的に演出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 千葉市の美しい海辺をイメージした青色点灯時(日曜日)。

施設概要

施主
千葉市 建設局 土木部 中央・美浜土木事務所
施工・電気工事
寒川電業(株)

竣工

2016年8月

お客様の声:千葉市 建設局 土木部 中央・美浜土木事務所様

千葉市では、千葉駅東口と中央公園を結ぶ駅前大通りにかかる千葉都市モノレールのアーチ橋「セントラルアーチ」の照明設備をLED化し、2016年8月に開催された親子三大夏祭りのオープニングより、通年を通してのライトアップを始めました。カラーフィルター付メタルハライドランプを使用していた既設照明器具の老朽化に伴い、多彩な色を自在に表現できるフルカラーLED投光器「レディオック フラッド ブリッツ フルカラー」を4台設置。

これまでは黄色単色で橋脚を照らしていたのに対し、さまざまな色の切り替えが可能なフルカラーLED投光器に交換したことでカラフルな点灯が可能になり、電力使用量料金の大幅削減を実現しつつ、中央公園で行われるイベントや各種キャンペーンとタイアップしたライトアップを行っています。基本的に月曜~土曜日は「千葉開府890年」PRのイメージカラーである黄色、日曜日は海辺のまちをイメージした青色を点灯しており、乳がん啓発(ピンク色)、児童虐待防止運動(オレンジ色)、DV防止運動(パープル色)、12月から2月まで行われる千葉都心イルミネーションに合わせたスペシャル点灯などさまざまな点灯バリエーションで、千葉都心のシンボル的存在であるアーチ状の橋脚を魅力的に照らしています。

LED照明によるライトアップは、分電盤内部に配置されたスイッチを押すと年間プログラムが停止し、スイッチに対応したプログラムが作動するようになっているため、市の職員が必要に応じて臨機応変にプログラムを切り替えられることが出来るなど、操作性にも工夫がされています。千葉駅前に位置するセントラルアーチを表情豊かにライトアップすることで賑わいを演出し、中心市街地のイメージアップに貢献していきたいと考えています。

主な納入器具

  • LED投光器 LEDioc FLOOD BLITZ フルカラー(レディオック フラッド ブリッツ フルカラー) - 4台

このページの先頭へ