Home > 納入事例 > 商業施設照明 駅・鉄道関連 > 小田急小田原線 喜多見駅

納入事例

商業施設照明 駅・鉄道関連

小田急小田原線 喜多見駅東京都世田谷区

軽量・小形のLED投光器「レディオック フラッド ネオ」で駅ホームを照らし、大幅な省エネを実現しつつ均斉度の高い視環境を実現

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • ホームを照らす「レディオック フラッド ネオ」は60000時間の長寿命で省メンテナンスにも貢献する。

施設概要

施主
小田急電鉄(株)

竣工

2016年11月

お客様の声:小田急電鉄(株)喜多見電気システム管理所様

喜多見駅は、東京都世田谷区にある小田急電鉄小田原線の駅で、相対式ホーム2面4線を有する高架駅となっています。小田急電鉄株式会社では、「水銀に関する水俣条約」の発令により2021年以降、高圧水銀ランプの製造・輸出・輸入の禁止に伴い、駅ホーム照明のLED照明化を順次実施しています。

2016年11月には喜多見駅のホーム照明をLED化し、既設水銀ランプ300Wに替えてLED投光器「レディオック フラッド ネオ60W」を設置しました。既設照明と同じ灯数で更新前と同等以上の設定照度150~200ℓxを確保し、大幅な省エネを実現しつつ明るく安全性の高い照明環境を創出。角度調整ができるLED投光器は、広角タイプを選定し、ホーム上をむらなく照らしています。

また、雨の吹き込みを考慮し、防水性能を示す保護等級においてIP65と高い防水性能を有する「レディオック フラッド ネオ」を採用しました。既設照明器具に比べ、既製品であり小形で軽量な同LED投光器は、躯体への影響もなく施工のしやすさにも貢献しました。お客様への安全性の向上とともに、運転士や車掌の視認性の向上にもつながり、良好な駅ホームの照明環境をつくることが出来たと考えています。

主な納入器具

このページの先頭へ