Home > 納入事例 > 商業施設照明 駅・鉄道関連 > 横浜高速鉄道みなとみらい線 新高島駅

納入事例

商業施設照明 駅・鉄道関連

横浜高速鉄道みなとみらい線 新高島駅神奈川県横浜市西区

「海」をモチーフとした駅を効果的に照らし出す光

Myリストに追加
  • LED
  •  

施設概要

施主
(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構 鉄道建設本部 関東支社
設計
山下昌彦+(株)UG都市建築
(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構 鉄道建設本部 関東支社

駅の顔となる出入り口は運行時間内は白のLED、終電がなくなると青のLEDによって駅を浮かびあがらせたような輝きを放っています。駅の通路は300ℓx以上の明るさを確保し、コンコース階では500ℓx以上としながら各階にグラデーションをつけ、ホーム階では深海のイメージでやや暗く、上層階に行くにしたがって明るい感じになるように計画されています。

主な納入器具

  • トラフ形照明器具(Hf蛍光ランプ32W) - 914台

  • ダウンライト(コンパクト形蛍光ランプ42W) - 142台

  • LED(白、青) ほか

このページの先頭へ