Home > 納入事例 > 工場施設照明 > 前田道路(株) 東京支店 千葉合材工場

納入事例

工場施設照明

前田道路(株) 東京支店 千葉合材工場千葉県千葉市稲毛区

工場の照明をLED化し、照度アップと大幅な省エネを実現

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 構内を「レディオック フラッド スポラート210W」で、また看板を「レディオック フラッド ネオ40W・60W」で照らし、夜間も安全に作業ができる良好な照明環境としている。

施設概要

施主
前田道路(株)東京支店
施工
日建リース工業(株) 東京支店
電気工事
(株)創月舎

竣工

2017年1月

お客さまの声:前田道路(株)東京支店 千葉合材工場様

前田道路株式会社は、日本全国の道路及び空港や公園、スポーツレジャー施設、駐車場などアスファルト舗装を中心に社会基盤の整備に貢献している企業です。全国でブロック制を導入し、きめ細かで迅速なサービス、事業展開を行っています。前田道路株式会社では、2017年1月、バージンアスファルト、再生アスファルトなどアスファルト合材の製造や廃材の破砕を行っている東京支店 千葉合材工場の照明をLED化する照明改修を実施しました。

工場敷地内の照度が全体的に低下していたこともあり、安全性の面から既設水銀ランプに替えてLED照明に更新し、照度アップを図りました。工場内の建屋内照明にはLED投光器「レディオック フラッド ネオ130W」を、構内を照らすためにサイロ上に設置した照明には「レディオック フラッド スポラート210W」を採用するなど、場所に応じて適切なLED照明器具を設置。構内に常時出入りするトラックの運転手が眩しさを感じないよう、投光器の角度にも配慮しています。

また、夜間も遠くから望んだ際に工場が位置する場所がわかりやすいよう、新たに看板照明を取り付けて視認性を高め、超広角タイプの「レディオック フラッド ネオ」にて高照度の設計としました。LED照明に更新後は、構内、工場内共にとても明るくなり、大幅な省エネを達成しつつ、安全で快適な作業環境の向上にも寄与してくれるものと考えています。

このページの先頭へ