Home > 納入事例 > 高天井照明 倉庫 > 東武鉄道 南栗橋SL検修庫

納入事例

高天井照明 倉庫

東武鉄道 南栗橋SL検修庫埼玉県久喜市

SL復活運転に向けて新設された検修庫をLED照明で照らし明るく作業しやすい環境と省電力化を実現

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 検修庫内のSL「C11形207号機」。建物内照度については検修エリアを平均照度500ℓx、工作室エリアを平均照度200ℓxで設定している。

施設概要

施主
東武鉄道(株)
施工
東武谷内田建設(株)
電気工事
東武電設工業(株)

竣工

2016年9月

東武鉄道株式会社では、日光・鬼怒川エリアにおけるSL復活運転プロジェクトを進行中で、SLの各種検査を行うSL検修庫を東武鉄道南栗橋車両管区構内に新設しました。検修庫は、車両等を吊り下げられる天井クレーンや、SL煙突からの煙を排気する排煙フードなどが設置されたメンテナンスエリアとなっています。

検修庫内を照らす照明には、高天井用LED照明器具「レディオック ハイベイ アルファ」を、またSLピット内照明として「Iビーム形LEDピット灯(特注)」をご採用いただきました。機種選定にあたり、「レディオック ハイベイ アルファ」は建物の天井が高いため光の広がりを考慮して、広角タイプと中角タイプを組合わせて設置しました。「Iビーム形LEDピット灯(特注)」については、現場サイドからのご要望にお応えして台数及び配置位置を決定し、作業者へのグレア対策を考慮した仕様としました。

省エネに貢献するLEDの光で検修庫を明るく照らし、安全で快適な作業環境を実現しています。

主な納入器具

このページの先頭へ