Home > 納入事例 > 高天井照明 工場 > ヨシモトポール(株) 群馬工場

納入事例

高天井照明 工場

ヨシモトポール(株) 群馬工場群馬県藤岡市

業界トップクラスの売上・シェアを誇る総合ポールメーカの主要工場をLED照明で照らし、明るさアップとともに大幅な消費電力の削減を達成

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 工場内の大型柱塗装ライン。広々とした工場を「レディオック LEDアイランプSP 170W」で照らし、十分な明るさを確保している。

施設概要

施主
ヨシモトポール(株)
設計
ヨシモトポール(株)群馬工場 生産技術部

竣工

2015年12月

お客様の声:ヨシモトポール(株)取締役工場長/新山 英雄様

ポール総合メーカーのヨシモトポール株式会社は、林業・木材事業を前身に1961年(昭和36年)、コンクリートポールの製造業として誕生し、鋼管柱を中心とするメーカーへと成長してきました。現在では交通インフラ、公共インフラ、都市景観、防災・情報通信、照明環境など、幅広い分野の製品を製造販売しています。取り扱う素材も、コンクリートから鉄そしてアルミやステンレス、鋳物、ガラスなど、さまざまな素材を取り扱っています。群馬県藤岡市に位置する群馬事務所には、ポール事業の主要工場である群馬工場が置かれています。敷地面積98,800m²という広さを持つ群馬工場は、ポールの設計から資材調達、鋼材加工、表面処理、納品まで一貫したシステムを展開していること、また多品種少量生産による個別対応を得意としていることなどを特徴としています。

ヨシモトポールでは、環境負荷低減に向けた取り組みの一つとして、工場の照明をLED化し省エネ推進を図るため、平成26年度補正予算 地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金申請、交付を受けて、0号棟から製品置場まで約40ヶ所の作業場内高天井照明・屋外照明のLED化工事を実施しました。既設照明セラルクス360W高天井照明と同等の明るさ(300ℓx確保)を目標値とし、「レディオック LEDアイランプSP 170W」に更新するとともに、壁面にサブ照明として「レディオック フラッド ネオ130W」を設置し、図面などを見る際にも手暗がりにならない良好な照明環境を創出しました。今回の照明改修工事の前年に、既設照明41灯をLED化していたため、その実績を踏まえた上でLED照明器具の選定を行い、群馬工場はトータルで1,016灯をLED化しました。

LED照明に更新後は、明るく作業をしやすくなったと現場からの声も好評です。またメンテナンスフリーである点、瞬時点灯・消灯が可能なため使い勝手が良くなった点にも着目しています。工場の総電力の中で照明が占める割合は約35%程ですが、消費電力を50%削減したことにより、総消費電力も約15%削減することが出来、明るさ感を向上させつつ大幅な省エネを実現することが出来たと考えています。

主な納入器具

このページの先頭へ