Home > 照明器具・照明分野 > 高天井用照明器具 > 配光可変形セード・ホルダ

配光可変形セード・ホルダ

組合わせて省エネ実現

配光可変形セード「SAW713(Z)/SAW415(Z)」は配光可変形セード用ホルダと組合せることで、工場施設や体育館など、高天井施設の省エネルギー化に貢献いたします。

※LEDランプと組合せた場合、配光可変はできません。

特長

1種類のセードで3タイプの配光可変

配光可変形セード用ホルダと組合せることで、中ワットランプ(500Wまで)用と高ワットランプ(1000Wまで)用の各1種類の高天井セードで、各種適合ランプに最適な広角タイプ・中角タイプ・狭角タイプの3種類の配光制御が実現できます。

挟角タイプ

周囲と比較して局部(照明器具の直下)を明るくしたい場合や照明器具取付高さが15mを超える施設に適します。
ただし、設置高さが低い場合は、特に床面の明るさのむらに十分留意する必要があります。

中角タイプ

広照タイプと比較して照明効率が高く、より高い水平面照度を確保したい場合や照明器具取付高さが10mを超える施設を効率良く照明したい場合に適します。

広角タイプ

高天井施設照明で一般的に使用されている配光のタイプです。
特に照明器具取付高さ8~10m程度で照明範囲(施設面積)が広い施設の空間を均一に照明したい場合に適します。

※上記の配光曲線図は「SAW415 + FECセラルクスエースPRO 360Wの組合せ」を示します。

速結端子台内蔵

ホルダのフランジに速結端子台(アース付)を内蔵し、電源の接続を容易に行えるよう配慮しています。

■ 適合電線サイズ 単線:ø1.6mm~ø2.0mm

ランプ位置調整機能(SAW713・SAW713Z・SAW415・SAW415Z 専用ホルダ)

上下に可動して調整(8段階)することにより、1種類のセードで広角タイプ・中角タイプ・狭角タイプの配光を得ることができます。

※適正な配光を得るため、目盛り対応表に合わせてソケット位置を調整してください。全長は、取付けるホルダのタイプによって異なります。

配光可変目盛り対応表

下表を参照して目盛りを合わせてください。

※ LEDランプとの組合せでは配光可変はできません。

目盛 La(mm) SAW713(Z) SAW415(Z)
挟角タイプ 中照タイプ 広角タイプ 挟角タイプ 中照タイプ 広角タイプ
A 243


270W~500W

B 235.5



270W~500W
C 230.5




270W~500W
D 226 660W~750W




E 217.5
660W~750W
110W~250W

F 211 940W~1000W
660W~750W
110W~250W
G 205.5
940W~1000W


110W~250W
H 197

940W~1000W


このページの先頭へ