「快適空間」あなたの工場暗くないですか?

工場施設照明

明るさ・眩しさ・色の見え方の改善で快適工場空間。

工場や倉庫などの作業において、作業内容に合った適正な照度(明るさ)、作業を阻害するような眩しさの低減、演色性(物の色の見え方)の確保が必要です。

よい作業空間

よい作業空間とは、余計な眩しさ(グレア)を感じずに、効率のよい器具と演色性に優れた光源を使い、質の高い視環境を作り出すことが必要です。

工場に必要な明るさってどれくらい?

快適に屋内作業を行うためには、作業内容に合った適正な照度(明るさ)の確保が必要です。

作業内容に求められる推奨照度
照度(ℓx) 場所 作業
3000〜1500 制御室などの計器盤・制御盤 精密機械・電子部品の製造、印刷工場などでの極めて細かい視作業
1500〜750 設計室・製図室・事務室 繊維工業での選別・検査、印刷工場での植字・校正、化学工場での分析などでの細かい視作業
750〜300 制御室・会議室 一般の製造工程などでの普通の視作業
300〜150 電気室・空調機械室 粗な視作業
150〜75 出入口・通路・作業を伴う倉庫 ごく粗な視作業

※JIS照度基準 JIS Z 9110より抜粋

工場照明の最低基準照度
作業の区分 精密な作業 普通の作業 粗な作業
基準 300ℓx以上 150ℓx以上 70ℓx以上

※労働安全衛生規則 第604条(照度)

国際標準のあかり

ISO国際照明基準を満たすための条件

  • グレアレス → UGR22以下
  • 高演色 → Ra80以上
  • 器具効率 → 80%以上

ISO8995「屋内作業場の照明基準」
(2007年にJIS Z 9125「屋内作業場の照明基準」制定)
ISO8995で推奨しているグレアの規制値は以下の通り。

工場の設計照度
500ℓxの場合→UGR22以下
300ℓxの場合→UGR25以下

UGR値と器具効率

UGR値と器具効率

注)UGR値は照明器具における絶対値ではありません。よってUGR値は施設の形状や個々の照明器具の配置などにより変化します。

工場照明に求められる演色性

演色性とRa(平均演色評価数)とは

演色性とは、光源によって照明された物体色が、どれだけ忠実に再現されるかを表す指標で、代表的な単位として「Ra(平均演色評価数)」を用います。Raは基準光源を100として、100に近いほど演色性が良いことを示し、一般的にRaが80を超える光源は演色性が良いと言われます。

光源の演色区分

ISO08995 岩崎電気のご提案
演色性のグループ 演色性の範囲(Ra) 推奨用途 ランプ例
4 40以下 駐車場、構内、屋外通路 高圧ナトリウムランプ
3 40以上 水銀ランプ
2 60以上 一般形メタルハライドランプ
1B 80以上 屋内作業照明 セラルクス
FECセラルクスエース
1A 90以上 色合わせ、色検査

ISO8995:The lighting of indoor work systems

演色性の比較

一般形メタルハライドランプ
一般形メタルハライドランプ
FECセラルクスエース
FECセラルクスエース

少ない投資で快適照明へリニューアル

FECセラルクスエースと配光可変形セードSAW415なら「明るさの改善」「グレアの改善」「演色性の改善」をすべて満たしつつ、さらに「省エネ」にも貢献します。しかも、一般形水銀灯安定器で点灯できるので、大掛かりな工事も必要なく簡単にエコ照明を導入できます。

高効率ランプ+配光可変セードで、最大62%電力費削減!

このページの先頭へ