情報ライブラリー

照明技術資料

照明の基礎知識

明るさと物の見え方

輝度対比(C)

関連資料
  • Lighting Handbook, IES, 2000

図3.2は、識別できる最小輝度対比(輝度対比弁別いき値)を示した例で、視対象の輝度(Lo)、背景輝度(Lb)、視対象の大きさ(視角:分)、見る時間(秒)との関係を示したものです。背景輝度(目が順応していると考えられる輝度)が高いほど、視対象の大きさが大きいほど、見る時間が長いほど、わずかな対比まで識別できることを表しています。

C=(Lb-Lo)/Lb

C:輝度対比 Lb:背景輝度 Lo:視対象物の輝度(ただしLb > Lo)

図3.2 知覚できる最小の輝度対比

(参考文献 Lighting Handbook, IES, 2000, pp.3-19.)

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ